人間関係デトックスで自己肯定感UP

セルフブランディングDAY8

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者 Ako Magnoです。
(初めての方へ、プロフィールはこちら)

不要なものを溜め込むと、心に重荷がかかります。

持ち物、人間関係、感情。

あなたは無意識に溜め込んでいませんか?

風水師としてお話させて頂くと(風水資格持っています。笑)

どんな状況でも悪い運を封じるのが先。

開運対策は後。準備は掃除から始まるのです。

常に心を穏やかで前向きに保つには、不要なものを手放すことが必須です。

余計なものを手放すことで、ストレスが軽減され、思考がクリアになり、自分の本当の価値を正しく評価できるようになります。

無駄な溜め込みを潔く捨ててみる。

特に自己肯定感を高めるためには、 身近な人間関係の見直しも重要です。

長年のイメージコンサルティング経験から確実に言えるのは、 人間関係が自己肯定感に大きく影響しているということ。

特に家族、友人、職場の同僚など、 日常的に接する人々の影響は計り知れないもの。

だからこそ、時には自己肯定感を削る原因となる人間関係から距離を取る勇気も必要だと思います。

特に以下のような特徴を持つ人との関係は デトックスを検討する価値があります。

❌ 会うとエネルギーを奪われる人
 相手といると疲れを感じ、エネルギーが消耗する関係。

❌ あなたの言動を批判する人
 自分の意見や行動を否定し、自己肯定感を下げる。

❌ 一方的に尽くす関係
 自分ばかりが努力する、または相手の要求に応え続ける関係。

❌ 無理して接する必要がある人
 相手といるとリラックスできず、常に緊張感を感じる。

❌ 八方美人な人
 相手によって言動を変える、自分の利益のために人間関係を利用する信用できない人。

日本人には特に、相手に不満があって自分が辛い思いをしていても、なんとか耐えながらでも関係性を保とうと頑張った結果、自己肯定感を削っている人が多いように感じます。

プラスの人間関係というのは、あなたを甘やかす人だけではありません。

もちろん、愛に基づく厳しい言葉を投げかけてくれる人も大切です。

しかし、愛のない厳しさは単なる暴力、傷害罪と同じ。

家族であっても、職場の上司であっても、あなたを傷つける権利は誰にもありません。

あなたが自分を犠牲に我慢してまで一緒に居る相手ではないのです。

人間関係はお互いが選ぶもの。

あなたを傷つける相手との関係性を続ける義務はありません。

人間関係のデトックスは自己肯定感を育む重要なステップ。

無理な関係性は整理し、あなたの成長を心から応援してくれる人を大切にしましょう。

心地良い関係を築くことが、自己肯定感を高めます。

あなたはあなたらしく、私はワタシらしく。

個性を可視化するパーソナルブランディング。

あらゆる人が自己肯定感を持ち、自分らしく生きられるようサポートしています。

■ 最新情報

🔔 【残り1席】 3月スタート!国際イメージコンサルタント養成講座
パーソナルカラーアナリスト専攻は最後の1席となりました。

🔔 【満員御礼】 4月個人コンサルティング
平均3ヶ月待ち。現在、5月中旬のお申込みを受付中です。

🔔 【大好評!】 セルフブランディング100日間エクササイズ
Instagram ID: @ako.magno で連載中!
個性を磨くための日々のヒントをお届けします。