この色が似合う人はこんな人 パーソナルカラー冬

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

先日から、この色が似合う人はこんな人
という記事を書いています。

前回の記事はこちら
パーソナルカラー春の色が似合う人

今日は、冬の色が似合う人についてです。
たとえば雪のような真っ白は
パーソナルカラーでいうと冬の色になります。

「なりたい自分」になるための印象学レッスン

雪のように真っ白があると思えば、
真逆の真っ黒が含まれていたりします。

ほとんど白に見えるペールトーンのような
淡い色があると思えば、
原色のようなビビッドな色があったりする
冬の色のグループ。

冬の色が似合う方が身に着けると、
フェイスラインはすっきりして小顔に見え、
お顔立ちのパーツもくっきりキリッとして
華やかに見えます。

洗練された都会的なイメージが
出しやすい色とも言われます。

私も都会的な雰囲気にしたいから
黒を着よう!と思った方、
ちょっと待って下さいね。笑

似合わない方がこんな色を身に着けると、
本当に残念なことになります!

血色がなく蝋人形のような固い肌に見え、
しわが目立ち、顔だちが険しく見えるんです。

似合わない方が着ると、
バブル期をひきずっているような
古めかしいキツイ印象になってしまうんです!

色って似合う場合と似合わない場合では
こんなにも反応が違うんです。

それが似合う人がどんな方と言われると、
実はこれは私たちカラリストも
実際に色を当ててみないと、
分からないことなんですよ。

経験上、ある程度の予測は当たりますが、
診断なしに100%の断言はできません。

ちなみに雑誌やネット上の無料セルフ診断は、
私も好きで必ずやってみますが、
あくまで簡易バージョンです。

実際の診断では「色白か色黒か」
「瞳の色は茶色か黒か」
なんて単純な○×方式ではなく、
もっともっとも~~~~っと
細かい反応を見ながら診断するんですよ。

お顔色だけではなくて、
肌質や顔立ち、
お顔の輪郭まで影響しますから、
本当はもっと複雑なのです。

だからこそ、プロのコンサルタントでも
予測だけで断言はできないのです。

それだけ細かく診断をするからこそ、
養成スクールがあるわけで、
数日で身に付けられる技術ではなく、
まさに手に職。専門職なのです。

色彩系の資格は多数あるものの、
パーソナルカラー診断を仕事に生かすには、
机上ではなく実践形式で学ぶ必要があります。

私どもMu:Designでは、
少人数制の実践形式で講義を進めて参ります。

またどんなに診断が難しいケースでも、
お客様に理論的な解説ができるよう、
全員がプロを目指せるレベルでトレーニングします。

ご興味をお持ちの方は、
宜しければ以下もご覧下さいませ。

パーソナルカラー診断を受けるメリット

エミュ・デザインHP

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP

—–