Mu:Design



オンリーワン起業を叶える3ヶ月間!MAIC認定国際イメージコンサルタント




イメージコンサルタントとは


アメリカ生まれのイメージコンサルタントという仕事を一言で説明するならば、印象の戦略家です。最近は、パーソナルスタイリスト、パーソナルカラーアナリストなど似た仕事も増えていますが、 イメージコンサルタントはあくまで「印象」のプロフェッショナル。

印象はABC(Appearance外見、Behavior立居振舞、Communicationコミュニケーション)で完成すると言われており、ただ美しくなる為の装いを提案するのではなく、 クライアントが望む理想の印象を作り上げることをゴールに、外見のみならずマナーや立ち居振る舞い、表情に至るまでトータル的にアドバイスする仕事です。


印象を作るABC



コンサルタントによって専門分野は異なりますが、私どもエミュ・デザイン(MAIC)は個人を対象としたイメージコンサルティングを主な事業としております。

パーソナルカラー診断や体型診断、パーソナルスタイル提案、ショッピング同行、プロフィール写真撮影などの外見に関するコンサルティングのみならず、 マナー・コミュニケーション指導、プレゼンテーション指導、マスコミ対応アドバイス等の立居振舞コミュニケーション指導を行っています。


コンサルティング事例

ビフォーアフター1



● イメージコンサルティングの歴史

イメージコンサルティングが注目されるようになったきっかけは、1960年代アメリカ、若きJ・F・ケネディとベテランのニクソンによる大統領選。 この選挙で勝敗のカギを握っていたのがイメージコンサルタントの存在と言われています。

勝利したケネディはカメラ映りを意識した服装、TV撮影用メイクアップ、表情やジェスチャーに至るまで、若さを逆手に取り「強いリーダーシップ」というイメージを戦略的に作り上げました。

そんな選挙戦の貴重な映像が公開されていて、現代でもその様子を見ることができるのです。イメージコンサルタントを目指す方は、コンサルタント目線で二人の違いについてご覧になってみて下さい。






● イメージコンサルタントの活躍の場

アメリカ生まれのイメージコンサルティングは、元はと言えば政治家や経営者、会社エグゼクティブなどを対象とした限られた人たちのものでした。

「医師、弁護士、イメージコンサルタント」を抱えることがステータスと言われた時代もありましたが、現代では本場アメリカも日本も一般のお客様のご利用も大幅に増えており、 イメージコンサルタントの需要は年々増えています。

個人向けサービスの他、専門学校での講師業や百貨店などでの販促セミナー、講演業、起業研修、ブライダル業界とのコラボレーションなど幅広い分野でイメージコンサルタントが活躍中です。


● イメージコンサルタント資格取得のメリット

イメージコンサルタントはライフスタイルを気にせず一生続けられる仕事


イメージコンサルタントは世界中で働ける


イメージコンサルタントはキャリアアップ収入アップを目指せる


イメージコンサルティングは自分自身を磨くことができる



イメージコンサルタントとして独立するのに必要な資格はありますか?というご質問をよく受けますが、実はイメージコンサルタントとして起業するのに必須の資格は特にありません。

医師や弁護士などの業務独占資格と違い、従事するのに必須となる国家資格はないので、イメージコンサルタントと名乗ったその日から、いつでも起業することは可能です。

一方で、考えなくてはいけないのは「名乗ること」と「ビジネスとして継続すること」は別物だということです。 例え独学で起業が叶ったとしても、クライアントからの指名がなければ成り立たない職業というのが現実だからです。

クライアントから長く愛されるコンサルタントとなる為にはどうしたら良いか、答えは非常にシンプルです。

それは必要とされる高いスキルを身に着けておくこと。ただそれだけなのですが、独学でそれを模索するのは気の遠くなる話。

実績あるエミュ・デザイン(MAIC)なら、時代に流されずビジネスとして継続可能な手法を最短コースでスキルを身に着けることができます。


イメージコンサルティング風景



● スクール選びのコツ

スクールが増え続ける中、どんなスクールを選べば良いのか判断が難しくなってきているというお声をよく耳にします。

イメージコンサルタントは国家資格ではないので、「イメージコンサルティング」と一口に言っても、最低限学べる内容さえ保証はされていないので、全てはスクールの方針に委ねることになります。

各スクールには、それぞれの特徴や良さがあるので、万人にとって一律にベストなスクールというのは存在しないのですが、何より大事なのはスクールとの相性です。

その為、まずはイメージコンサルタントとしてあなた自身がどんな風に働きたいかを考えてみるのがオススメです。

イメージコンサルタントスクール


講演やセミナーなどの講師業を前提としているのか、エグゼクティブ向けビジネスシーン専門のコンサルタントを養成するのか、個人のお客様を対象にするのかなど、スクールが想定しているクライアントによっても学べる内容は大きく変わります。

その点、自分のゴールに近いクライアントを想定した内容かどうかは大きな判断基準になるでしょう。

イメージコンサルタントスクール


またスクールの代表や校長の思想はスクールの運営方針や手法にも大きく影響します。その方針があなたに合ったものかどうか、 プロフィールやSNSなどで仕事に対する考え方などを覗いて見てみるのもオススメです。

更にコンサルティング料金なども併せてチェックすると、世間でどれくらいの価値が認められている手法なのかも分かります。 単純に受講料を比較するのではなく、そんな風に投資の感覚で比較するのも大事なポイント。

ロールモデルとなる現役イメージコンサルタントから学ぶのが、最短距離で夢を実現する秘訣です

エミュ・デザイン(MAIC)は、特に女性クライアントをメインターゲットにイメージコンサルティングを提供したい方に特に最適な内容です。

なおエミュ・デザインは、受講生のうち23%=約4人に一人が他スクール出身者で、現役イメージコンサルタントの学び直しやスキルアップにも選ばれているというのも大きな特徴です。


イメージコンサルタント経験者率23%


関連業界経験者を併せると、約55%の知識を持ったプロ達からも支持されている本格派で、起業するなら間違いないスキルを最短距離で学びたいという方に特にオススメです。


イメージコンサルタント関連業種経験者率55%


価格競争に巻き込まれない独自のイメージコンサルティング手法と、思考力を鍛える独自の講義スタイルで、即戦力と応用力を鍛えることができます。


即戦力と応用力を鍛えるエミュ・デザイン(MAIC)


一方で、受講生の約半数の45%はゼロから学び始めた未経験者です。


イメージコンサルタント未経験者率45%


エミュ・デザイン(MAIC)イメージコンサルタント養成講座は、ゼロから学ぶことを前提としたステップアップ方式のカリキュラムを組んでいるので安心して学べます。


短期集中イメージコンサルタント養成ステップ



プロ養成コースを修了すると、有料で診断提供可能なレベルに達する為、未経験者の方でも約3ヶ月で無理なく起業のスタートラインに立つことができ、圧倒的な開業率を誇る講座です。






圧倒的な開業率!エミュ・デザイン(MAIC)


エミュ・デザイン・アジア・イメージコンサルティングについて



選ばれる3つの理由

1.米国発祥の国際的な手法
2.理論的で経験やセンスに左右されない実践指導
3.個性を伸ばす自由な校風

APIC認定国際資格

Asia-Pacific Image Consultants Association(APIC)特別提携校となり、 最短2日間のコースから国際ライセンスの取得が可能となりました。

Asia-Pacific Image Consultants Association国際イメージコンサルタント認定証


● 手法の特徴1:個性の可視化

MAIC手法はクライアントの外見だけでなく内面を重視した、個性を視覚化できるイメージコンサルティングです。 それを支えるのが5,376分類の提案ベースです。


イメージコンサルティング5,376分類


お顔立ちやパーソナリティによって、更にアレンジする為、実際のタイプは無制限。個性を追求できる秘密です。

クライアントを型にあてはめる診断ではなく、クライアントの為に毎回型を作る完全オーダーメイドでの診断方法で、現役の国際イメージコンサルタントが海外からも学びに来ている本格派です。

クライアントの外見的な美しさだけでなく内面的な魅力や個性を引き出したい方に最適な手法です。


あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。


● 手法の特徴2:国際的な手法と希少性

イメージコンサルティングの本場アメリカと日本の二ヶ国でイメージコンサルティングを学び、国内外で18以上の関連資格を保有する
MAIC代表 国際イメージコンサルタント・印象学者akoによる監修指導。


国際イメージコンサルタント・印象学者ako


11年の経験を元に、日本市場に融合させた世界でも通用する実用的な手法です。

日本国内で当手法が学べるのはMAICだけ!少人数制スクールで提供人数に制限をかけている為、他社との差別化に有効な希少価値も守られます。


certificate



MAICパーソナルカラー診断



MAICファッション診断体型分析




目次へ戻る

イメージコンサルタント養成講座問い合わせフォーム



よくあるご質問(講座関連)


講座の定員は何名ですか。
専門コースは定員5名の少人数制の実践講座です。講師と受講生の距離が近く、理解度を把握しながら段階的なカリキュラムで進むので、無理なくスキルを身に着けて頂くことができます。


講座は年に何回開催されますか。
基本的には年2回、春(3月頃)秋(9月頃)の開催となりますが、変更となる可能性があります。ご希望の方には、優先して最新情報のご案内をさせて頂きますので遠慮なくお問い合わせ下さいませ。


未経験者ですが、受講に差し支えないでしょうか。
問題ございません。当講座は、ゼロから学ぶことを前提に段階的なカリキュラムを組んでおります。 現役のコンサルタントがスキルアップの為に通学されるケースも多くあり、本格的なスキルが身に着くという特性はございますが、 受講生のうち55%は未経験者となっており、ご経験を問わず3ヶ月間で問題なくスタートライン立てるようになっていますのでご安心下さいませ。


基礎コースとプロ養成コースは同時受講しなくてはいけないのでしょうか。
基礎コースのみのお申込みも可能です。 特に未経験者の方で授業についていけるかどうか不安という方は、基礎コースを受講してからプロ養成コースに進学される方もいらっしゃいます。 また基礎コースとプロ養成コースは、それぞれ別の期に受講されても問題ございません。


パーソナルカラー専攻とファッション専攻どちらを先に受講すべきでしょうか。
いずれも単独で成立する内容となっておりますので、どちらから受講されても支障はございません。 但し、ファッション提案に色は欠かせないという理由から、特に色彩を学んだことのない方の場合には、パーソナルカラーを先に学ぶことをオススメしております。


卒業した時に取得できる資格を教えて下さい
修了されると以下の資格が付与されます。ホームページ、プロフィール、名刺等に自由にお使い頂ける永久資格となります。

(1)パーソナルカラーアナリスト専攻・プロ養成コース修了の方
国際イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリスト

(2)ファッションスタイリスト専攻・プロ養成コース修了
国際イメージコンサルタント
ファッションスタイリスト

(3)国際マナー・コミュニケーションインストラクター専攻修了
国際マナー・コミュニケーション講師


また国際団体APIC協会認定資格のW取得も可能です。認定には一定の条件があり、修了コースごとに認定級が異なります。APIC認定に関してご興味をお持ちの方は、お尋ね下さいませ。


イメージコンサルタント養成講座


短期集中コースはありますか。
マンツーマンレッスンの場合、グループレッスンと同じカリキュラムを使い、3回分のレッスンを2日間にまとめて受講する、間を空けずに連日受講するなどの短期集中対応は可能でございます。 海外や遠方から通学の方にご利用頂いております。ご希望の場合には講師のスケジュールと調整の上確定となりますので、お気軽にご相談下さいませ。


受講生の年代はどれくらいですか。
20代から60代まで非常に幅広い年齢層の方にお選び頂いていますが、一番多いのが30代の女性です。


男性ですが受講できますか。
男性の卒業生もいらっしゃいます。女性の多い業界で差別化しやすく、男性のイメージコンサルタントは今後もニーズが高まると予測しています。


受講生の経歴はどんな方が多いですか。
未経験者と経験者(現役イメージコンサルタントもしくは業界関連職種経験者)が半々という割合ですが、 経験者の方で言うと、美容師、ヘアメイク、ファッションデザイナー、アパレル出身者、美容部員、客室乗務員などからキャリアアップを目指す方がいらっしゃいます。

その他、色彩検定やパーソナルカラー検定などの机上の学習経験を生かして実務を学びたいというきっかけの方、看護師、薬剤師、整体師など全くの異業種の方など、ご経歴を問わず学べるのもMAICの特徴です。


通信講座はありますか。
実技を重視した講座の為、通信講座はございませんが、マンツーマンレッスンの場合に限り、一部講義部分のみスカイプなどを併用することは可能でございます。 詳しくはご相談下さいませ。


分割払いはできますか。
教育ローンの利用の他、クレジットカード利用(Paypal)による分割払いが可能です。一部お振込みとの併用も可能です。詳しくはお尋ね下さいませ。


求人、仕事の紹介や斡旋はありますか?
卒業生全員へ保証されるものではありませんが、ご経歴や成績などをふまえ、講師採用、イメージコンサルティング委託などの紹介実績がございます。



よくあるご質問(仕事関連)


イメージコンサルタントの平均年収はどれくらいですか?
イメージコンサルタントは専門職であり、なおかつお客様の指名があり成り立つものなので、経験により年収はピンからキリまでです。

「イメージコンサルタント」と一言でいっても、提供するメニューにもバラつきがあり、また報酬に関してもワンコインで提供される方も居れば、年収数千万円クラスという方まで幅広くいらっしゃり、平均値は一概には言えないのが現状です。 ある程度の収入を目指す場合には、希少性のあるメニューを提供すること、他社と差別化すること、コンサルタント自身がクライアントから選ばれる説得力があることなどが必要です。スクール選びの際など、参考になさって下さい。


開業資金はどれくらい必要ですか?
イメージコンサルタントはスキルの仕事なので、資金がこれくらいなければ開業できないということはなく、基本的には身一つで成り立つので、逆に予算に合わせて、開業規模を調整することができます。

経験を積まない限り収入も上がらないという背景からも、開業資金が貯まるまで動かないというよりは、まずは無理のない範囲で開業し、経験を積みながら規模を拡大していく方が効率が良くオススメです。


開業時に必要なものはどんなものがありますか?
MAICの場合で言うと、パーソナルカラー用のドレープ(20枚 15,822円〜)とカルテ作成用のPCもしくはタブレットは最低限必要ですが、その他に関しては、提供したいメニューにより必要なツールも変わります。

メイクを強化したサービスを提供する方であれば、メイク道具を揃える、ヘアを強化したサービスを提供する方であれば、ヘアスタイリングの道具を揃えるといった具合ですから、 逆に準備できるものの範囲内でメニューを作り、経験を積みながら設備投資をし、ニーズにあったメニューを増やしていくのが現実的で無駄がないでしょう。

MAICは卒業生全員が個性あふれるメニューを提供しているのも特徴です。ご経歴を生かした独自のメニューがある場合は、それに沿ったアドバイスが可能ですのでご相談下さいませ。


ソリューション画像
logo design: Kaori Sato
web design : Erick & Sarah Magno