イメージコンサルティングの歴史

US国旗


勝敗を左右したイメージコンサルタントの存在


イメージコンサルティングが最初に注目されるようになったきっかけは、1960年代アメリカ。

J・F・ケネディとニクソンによる大統領選。

この選挙で勝敗のカギを握っていたのが、イメージコンサルタントの存在だったと言われています。

実はこの選挙は、一般家庭にTVが普及し始めてすぐの大統領選で、討論は全米史上初めてTV中継されました。


ベテランのニクソンは、いつも通り討論へ


この時、ニクソンは選挙戦の疲れもあり、怪我もしていて体調がベストではない中、テレビ討論に臨んだと言われています。

そんな体調の悪い中であっても、さすがはベテラン現役副大統領のニクソン。

堂々としたスピーチや抑揚のある話し方は非常に説得力があり、体調の悪さを全く感じさせない話しぶりでした。

その為、ラジオで討論を聞いていた人たちは、ニクソン勝利を確信したと言われています。

ところが、投票が終わり蓋を開けてみると、政治家としての経験も浅く若くて劣勢と言われていたケネディが勝利します。


ケネディは徹底してTVを意識して討論へ

ケネディ大統領討論会


ケネディは演説の内容だけでなく、TV映りを徹底して意識したイメージ戦略を練っていました。

カメラ映りを意識した髪型や服装を選び、撮影用メイクアップをし、日焼けした健康的な印象を演出しました。

更に、座り方や立ち方、歩き方など動いている姿についても戦略を練っていました。

若さを逆手に取ることで、TVを見ている国民に「強いリーダーシップ」というイメージを与えることに成功したのです。

その印象戦略を担い、ケネディを側で支えていたのがイメージコンサルタントでした。

ケネディ勝利をきっかけに全米でイメージコンサルタントの仕事が注目されるようになりました。

こうしてアメリカの政治家たちは、イメージコンサルタントにアドバイスを求めるようになったと言われています。


JFK Libraryによる実際のTV討論映像


この時のTV討論の映像は、JFK Libraryによって今も公開されています。

よくこの時のエピソードとして、スーツやネクタイの色の違いが挙げられますが、映像では装いの差だけでなく、立居振舞から受ける印象の違いも明確に感じ取ることができます。

完全に「素」のまま討論に臨んでいるニクソンと、360度見られることを意識して討論に臨んでいるケネディ。

一方で、映像を見ずに音声だけを聞いてみると、さすがにベテランのニクソンの方が抑揚もあり気持ちのこもった演説で聞きやすく、ケネディの方が経験の浅さを感じる話し方をしています。

ラジオで討論を聞いていた人とTVで討論を見ていた人たちの予測が違ったのが良く分かる映像です。



日本のイメージコンサルティングの歴史


一方で「中身が大事」と考える日本人にとって、当時イメージコンサルティングはまだまだ馴染みのないものでした。

その後、1980年代にイメージコンサルティング印象演出の一つの手段でもある似合う色を診断する「パーソナルカラー診断」が日本にやってきます。

1990年代になり「パーソナルカラー診断」がブームとなり、2000年代後半になって、ようやくイメージコンサルタントが職業として知られるようになりました。

とはいえ「パーソナルカラー診断」の延長線上で広まったこともあり、カラー診断に加えて、ヘアメイクや洋服の形など「トータル的な外見のアドバイスできる人=イメージコンサルタント」という認識で広まってしまいました。

その為、現在でもパーソナルカラーアナリストやパーソナルスタイリストなどと混同されたまま広まっているのが日本の現状です。


「似合う」と「なりたい自分」が叶うイメージコンサルティング


本来、イメージコンサルタントは「印象」の戦略家

トータル的に外見のアドバイスをすることはありますが、外見的に似合うか似合わないかの分析で終わりではなく、理想の印象を演出するところまでが本来の仕事です。

イメージコンサルティングは、あなたの外見を整えるだけでなく、理想の未来へ導くことができます。

「似合う」と「なりたい自分」の両方が叶うイメージコンサルティング。

現代では、政治家やエグゼクティブなどの特別な立場のクライアントだけでなく、年齢や性別問わず個人のお客様にご利用頂く機会も増えています。

イメージコンサルティングにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せ下さいませ。



国際イメージコンサルタント養成講座

個人向けサービス