私たちが提案するのは、モチベーションが上がるファッション

akoアクセサリー

 

皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

今期16期生にアクセサリーデザインのプロの方がいらっしゃるのですが、その方に褒めてもらったコーディネートがこちら。

ブラウン×ブラウンのパイソン柄のアクセサリー

ただでさえ面倒くさがりなもので、うっかりアクセサリーを付け忘れがちですが、似合う法則を押さえたものはやはり人から見た時によく映るもの。

ちなみにワンピースはダナキャランですが、アクセサリーは海外で買ったノーブランドのものなのです。

決してそんなに高いものじゃなくても、似合うものはよく見えるもの。

というわけで、この組み合わせは街中で見知らぬ人からさえも褒められる確率が高く、私に似合うパターンの組み合わせです。

 

パーソナルスタイリング

 

ちなみに私たちエミュ・デザイン(MAIC)では、14タイプのファッションスタイリングをベースに使ってイメージコンサルティングをしています。

外見的に似合うのはもちろんのこと、配色や柄、素材などの組み合わせによって、お客様の理想の「印象」を可視化するのが私たちの仕事です。

私たちの手法の特徴は、生まれ持った外見がどんなに理想とかけ離れていても、理想に近づくことができるということ。

私たちのコンサルティングはお客様とコンサルタントの二人三脚。

外見的な要素だけで一方的に似合うものを判断するのではなく、心理テストやカウンセリングを通してお客様の内面的な個性を踏まえて提案しています。

 

イメージコンサルタントakoショッピング同行

 

私を例に言うなら、外見だけで診断する一般的な手法だと、私は童顔で小柄なのでキュート系とかにされがち。

流行中の顔立ちから似合う物を診断する手法では、親しみやすく爽やかなフレッシュタイプみたいなのになってしまいました。笑

ちなみに、私の理想はセクシーでゴージャスな迫力のある女性。

無国籍な感じが好きです。

性格は、特に日本人の中ではあり得ないくらい自由奔放で大胆な性格だと思います。

というわけで、ノーマルすぎるスタイルだと私の性格とも価値観とも合わない。

あとは、いくら外見的に似合ったとしても、自分自身のモチベーションが全然上がらいスタイリングなんて意味がないと思うのです。

もっと自分の気持ちを満たすことを最優先にした方が良いと思う。笑

外見というのは、本で例えるなら表紙と同じ、だから内面と一致させる必要があると思うという話を以前ブログ↓に書いたことがあります。

ブログ:イメージコンサルティング、それは本の表紙デザインと同じです。

 

本

 

ここでいう中身というのは、現在の内面だけではなく、さらに一歩上の姿見ています。

理想の印象、つまり未来のあなたを表現できるものです。

近年、イメージコンサルティングが流行中ですが、残念ながら実態はパーソナルスタイリストの域を抜けておらず、外見的に似合うかどうかで終わっていることがほとんど。

本場アメリカでイメージコンサルティングを学んだ身としては、非常に残念な事態です。

ちなみに本来イメージコンサルティングというのは、クライアントの理想の姿を可視化するもの。

イメージコンサルティングは外見的な変化をもたらすだけでなく、お客様が今よりワンランク上の理想的な人生に近づくきっかけとなるものなのです。

だから、私たちの提案はお客様のモチベーションを上げるファッションなのです。

イメージコンサルティングは何よりゴール設定が大事!

というわけで、どんな自分が理想の姿なのかを考えるのはすごくオススメです。

そんな理想の自分に相応しい装いは?と考えることで、きっと毎日のスタイリングが今よりもっと楽しくなりますよ!

 

 

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム