体型カバーとイメージ戦略は別物です

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

最近、イメージコンサルタントです。
と言うと、よくこんなことを言われます。

「骨格診断とかする人ですよね。」

イメージコンサルタントの仕事は
ファッションだけではないんです。

それでも、ついこの間までは、

「似合う色を診断する人ですよね。」

と言われることがほとんどだったので、
「色」だけじゃないというところまでは、
日本でも浸透して来たようですね。笑

ちなみに「骨格診断」と呼ばれる3タイプの診断、
日本ではおそらく一番浸透していると思うのですが、
「骨格診断」は日本発祥で米国発ではありません。

では海外のコンサルタント達は
どんな手法を使っているかというと、
スリーサイズ数値を元に4~8タイプに
体型分類し提案するのが一般的です。

ちなみに、スリーサイズで体型分析するのは、
女性だけじゃなく男性も同じです。
実際に採寸をして分析をします。

この体型分析でアドバイスするのは、
あくまで体型カバーです。

「あなたは○○体型だから、
上半身はVネックや縦あきでスッキリと、
下半身はAラインでボリュームを与えましょう!」
みたいなシルエットの話。

「○○体型だから、エレガントタイプ」というように、
「体型」と「イメージ」を結びつけた提案はしません。

えっ?そうなの?と思われるかもしれませんが、
冷静に考えたら分かるはず。

顔も性格も違い、職業も置かれている立場も違うのに、
同じスリーサイズ、体型が同じというだけで、
同じタイプのファッションが似合うはずがないのです。

「体型」と「個性」はあくまで別物です。
というわけで、体型分析はあくまで体型カバー、
洋服のシルエットのアドバイスに特化しています。

ちなみに、本場アメリカでは、
「エレガント」「トラディショナル」「クリエイティブ」
といった「個性」を表現するスタイリングは、
7タイプの分類が最も使われています。

ちなみに、私は現在14タイプで提案していますが、
一番最初にイメージコンサルティングを学んだのが、
IRC (Image Resource Center of New York)という
アメリカのスクールのカリキュラムだったので、
開業当時は、私もこの7タイプで診断をしていました。

その後、スキルアップの為に渡米し、
FII (Fashion Image Institute)で学んだ際にも、
7タイプの診断を学びました。

ちなみにIRCもFIIも7タイプではありますが、
実はそれぞれオリジナルなので、
7タイプといっても全く同じではないんですよ。

でも世界中で浸透しているだけあって、
7タイプの診断は分かりやすい!

7タイプ診断最大のメリットは、
心理テストを元に診断すること。

外見や雰囲気だけの診断ではなく、
パーソナリティや内面も反映されます。

しかも心理テストを受けるのはお客様自身なので、
コンサルタントのセンスによってブレることがなく、
お客様主体の提案ができます。

その後、私は更にお客様の個性を追求したくなり、
テイストスケール法®感性インストラクター資格を取得、
22タイプの診断も学びました。

22タイプもバリエーションがあると、
お客様を型にはめることないので最強です。

個性を追求した提案を目指していた私は、
早速22タイプの診断に切り替えました。

ただ22もバリエーションを持ったことによって、
実は提案に自信が持てなくなった時期があったのです。

それでもお客様には喜んで頂けていたのですが、
お客様を診断すればするほど、
内心こんな風に感じるようになりました。

初めて会ったお客様に対して、
何を根拠にあなたらしいなんて言い切れるのだろう。
私はお客様のことを本当に理解できているのだろうか。

というのも、
7タイプの時に使っていた心理テストのような、
お客様主体の判断要素を持っていなかったからです。
その上、選択肢が22タイプもある!

私が感じた個性が本当にその人らしさなの?
と思ったら、永久に答えが出なくなり、
自分の提案に自信がなくなってしまったのです。

こうして、過去に使っていた心理テストの客観性、
裏付けを視覚化して提案することの大切さを
改めて再確認することになりました。

とはいえ、当然ながら22タイプの方が
バリエーションの点では圧倒的に優れていますから、
今更7タイプに戻すつもりもありませんでした。

そこで、私は22タイプのスタイリングを含め、
過去に学んだ全てのスタイリングを
14タイプに凝縮して再分類し、
心理テスト7タイプに沿うように連動させました。

MAIC7×2ファッション診断は、
こんな風に、私が現場経験で体験した
不安から生まれた手法なのです。

14タイプもバリエーションがあるので、
コンサルタント主体の診断だったら、
センス次第で提案が変わってしまうかもしれません。

でも、MAIC7×2ファッション診断は、
お客様主体
の診断です。

心理テストの結果とカウンセリングが同じである限り、
どんなコンサルタントが提案しても、
大きな方向性の軸はブレないのが最大のメリットです。

だからこそ、経験の浅いコンサルタントでも
経験豊富なコンサルタントでも、
同じ方向性で提案することができます。

なぜなら、診断基準の1つとして
この心理テストを使っているからなのです。

ちなみに、以下は、
先日メールでやりとりしていた
MAIC認定コンサルタントの生の声です。

お客様に提供するようになって、
改めてMAIC の心理テストのすごさを実感!

これなしに外見だけで診断してたら、
「本来理想としている女性像」に近づく提案は
難しいんじゃない?と感じました。

内面から求めていることを、
アイテムで表現できる素晴らしさときたらもう、、、
感動ですからー!

とのことでした。笑
そう、実際に現場に出てみると、
裏付けがいかに大事が実感するんですよね~。

客観的な「証拠や根拠」って大事なのです。
提案される側にとってはもちろんのこと、
提案する側にとって、この裏付けがいかに心強いか!

私どもMAICイメージコンサルタント養成講座は、
開校以来、高い開業率を保っていますが、
似合う「根拠」を客観的に示せるからこそ、
自信を持って独り立ちできるのだと思います。

ちなみに、この心理テストでは、
あなたの中にあるギャップを解明します。

まずは14タイプのスタイリングを
大きく7タイプに分類して、
4つの角度から分析していきます。

1.理想の内面

2.現在の内面

3.理想のファッション(外見)

4.現在のファッション(外見)

心理テストでは、
この4つのギャップを解明します。

というのも、身に着けている物のせいで、
意図せず理想の自分から離れている場合がある為。

内面、外見の両方の視点から、
現在と理想を比較して見て行きます。

ファッションや私達が身に着ける物は、
言ってみれば商品パッケージです。

パッケージによって、
商品の売り上げは大きく変わるというのは
有名な話です。

同じように、パッケージが間違っているが為に、
自分の本当の価値を伝えきれていないという方も
世の中には沢山いらっしゃいます。

心理テストの理想の印象がElegantタイプ、
好きなファッションもElegantタイプ。
こういう方はラッキー♪

好きなファッションを身に着けるだけで、
理想のイメージも手に入る方なので、
すごくスムーズです。

でも注目すべきは、
内面の理想と好きなファッションが一致しない
ということは珍しくないということ!

理想の印象はUniqueタイプなのに、
好きなファッションはElegantタイプ。
こんなパターンの方が多いのです。

その為、好きなファッションを選んでいる限り、
理想の印象を視覚化することはできません。

配色や柄、素材にも「イメージ」があるので、
理想の印象がUniqueなら、
ファッションもUniqueタイプにできたら、
一番手っ取り早いのです。

ファッションを戦略的&効果的に取り入れることで、
理想の印象を最短距離で手に入れることができます。

もちろん「理想」だけではなく、
似合うかどうか?
相応しいかどうか?も大事です。

パッケージばかりで中身がちぐはぐでは、
いくら本人の理想の印象とはいえ、
それが好感度に繋がるとは限りません。

その為、上に書いたように、
理想と現在の姿のギャップも見て判断しますし、
更にカウンセリングや外見を見て、
ようやく最終提案となります。

だから最終的にはコンサルタントの
センスや判断力ももちろん大事です。

でも、心理テストという裏付けがあるので、
どんなコンサルタントが診断をしたとしても、
大きくブレないのが、この手法の特徴です。

なぜなら、不安だった私が辿り着いたのが
この心理テストだったからです。笑

こうして、バリエーションは日本の繊細さを、
根拠を視覚化する客観的な提案は米国式を取り入れ、
「自分らしさ」も「理想の自分」も両方叶える
究極の診断方法は生まれました。

ちなみに、この記事だけでも結構濃いと思いますが、
実はMAIC7×2ファッション診断にとって、
ここはまだ導入部分なのです。笑

この心理テストの結果を見て、
更に体型分析と組みわせて、
ようやくお客様へのご提案となります。

ここまでやるからこそ、
究極に「似合う」を追求して提案できるんですよ♪

資格取得にご興味をお持ちの方は、
以下も御覧下さいませ。

SCHOOL

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座▼

イメージコンサルタント養成講座