五行バランス診断®の元祖「五行思想」と3つの相性

five elements

 

 

 

五行思想とは

五行思想(ごぎょうしそう)とは、古代中国で生まれた自然哲学です。

これは東洋医学や風水などでも使われる思想で、次の図にある5つの元素「木火土金水(もっかどごんすい)」を軸に考えます。

 

五行思想

 

五行相関図

五行思想には、大きく分けて次の3つの相性があります。

 

相生関係

 

1.相生関係

相生(そうせい)関係は、相手を生み出し強める関係です。

「水」から時計回り、青い矢印の順に5つの関係性を見て行きます。

まず初めに、水は木に栄養を与え、木を育てるという関係性があります。

続いて、木は燃えることで火を大きくします。

更に火は燃え尽きると灰になり、土の養分となります。

そして、土の中で鉱物が育まれ、金属が生まれます。

最後に、金属が冷えると、その表面に水が生まれます。

このように、時計回りの関係性は、相手を強め生み出すことができる相性です。



 

相洩関係

 

2.相洩関係

相手を弱める関係を相洩(そうえい)関係と呼びます。

1の相生関係(生み出し強める関係)では、矢印が時計回りになっていましたが、今度は茶色い矢印の向きが反時計回りになっていることに注目して下さい。

先程、「木」にとって「水」は栄養を与えてくれる役割がありましたが、逆に「水」から見ると「木」の為に身を削って居る状態と捉えることができます。

このように、先ほどとは全ての役割が逆。

反時計回りの相性は、相手の力を穏やかに弱めるような関係性となります。



 

相克関係

 

3.相剋関係

3つ目の相性、相手を壊す関係を、相剋(そうこく)関係と呼びます。

グレーの矢印の向きが複雑に入り組んでいますが、一言で言うと、隣り合って居ない物同士の相性になります。

どのような関係が生まれるのか、先程と同じように水から矢印の順番に見て行きましょう。

まず初めに、水は、火を消し止める、という関係性があります。

続いて、火は、金属を熔かします。

更に、金属は斧になると、木を傷つけ、切り倒します。

そして、木は土の養分を奪います。

最後に、土は水を濁したり、水の流れを堰き止めてしまいます。

このように、真逆の要素を持っている関係は、相手を壊し消し去る関係で、衝突する相性となります。

あなたと周りの方の相性はどれでしたか?

というわけで、一般的な占いだったら、以下のような結論になりますよね。

AさんとBさんは1の相生関係だから、相性最高、おめでとう!

AさんとCさんは2の相洩関係だから、相性はまあまあかな。

AさんとDさんは3の相剋関係だから、相性最悪、残念でした!

実は五行バランス診断®が本領発揮するのはここから!

AさんはBさんだけじゃなく、CさんDさんともうまく付き合う方法が見えるんですね~。

というより、お客様のデータを見ると、むしろ世の中の夫婦なんかはその方が多いくらい。

というわけで、五行バランス診断®がすごいのは、例えスタートの相性が悪くても可能性が無限大に開けるところ。

どんな環境に置かれたとしても、その条件の中での最善が見えるようになるのです。

しかも占い師さんとか特別な人に聞かなくても、この法則を元に冷静に考えれば、自分で答えが分かるようになる!

自分自身で判断し自分の人生を切り開けるのも大きなメリット。

精神的に自立できるから、自信にもつながっていくのです。

 

目に見えないものも五行に分類できる!

実は五行思想では、世の中に存在するものは全て木火土金水いずれかの働きをしていると考えられています。

その為、以下の五行分類図ように、ありとあらゆるものを五行に分けることができます。

実際の木火土金水だけでなく、色や形、動物といった目に見える物はもちろんのこと、味覚、エネルギー、感情や方角といった、目には見えないもの全てが5分類に分けられています。

つまり、あなたの外見はもちろんのこと、感情や言動、性格や声質なども全てこの5分類に分けることができるのです。




五行分類図

 

 

五行バランス診断®(無料)公開中!

現在公開中の五行バランス診断®は、この五行思想を使いあなたの個性を診断します。

個人コンサルティングで提供している五行バランス診断®では、60問の心理テストとカウンセリングを通し、あなたの五行バランスを数値化し比率をパーセンテージを導き出し、診断しています。

無料公開中の自己診断では10問の質問からトップ1つの気質が出てきますが、自己診断で同じタイプの人でも、人によって受ける印象が違うのは、結局5つのバランスが違う為。

特に5つの中でもトップ2が重要です。

1番目だけ同じ人だと「気持ち分かります~。」くらいのライトな共感ですが、2番目まで一致すると「まるで自分と話してるみたい。」と感じられることも増えて行きます。

というわけで、もし自己診断を受けて頂いた際に、迷った質問があった方は、迷う方の回答バージョンでもう一度診断してみると、2番目の要素も見られるかもしれません。

引き続き、こちらの基本的な五行の相性を元に、様々なケースについてご紹介して参りますので、宜しければ無料公開中の五行バランス診断®(↓)をお試し下さいね!

 

five elements
facebook



 

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム