差別化戦略に強い!MAIC国際イメージコンサルタント養成講座

国際イメージコンサルタント養成講座

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

週末はイメージコンサルタント養成講座最終日で17期生が卒業しました。

通常グループレッスンは年間2回春秋のみですが、今年はコロナの影響で16期が夏の開催で17期が秋開催と夏秋連続だったので、なんだかずっと養成講座をやった気分です。

それにしても、相変わらずMAIC生今期も優秀でした。

たった3ヶ月の講座にも関わらず、卒業の時点でこのレベルで提案ができるって、特に同業者が見たらホントビックリしますよ。

ちなみに開業コースは各自で考えてきたビジネスプランに対して、講師からフィードバックを受ける時間があります。

一般論のビジネス論ではなく、個別にフィードバックが受けられるのは、少人数制スクールで尚且つ講師が現役で活躍するMAICならでは。

 

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座

 

もちろんビジネスプランというのは、そんな簡単には確定しないもの。

特に起業後の人のビジネスプラン以上に、やってみないと読めない部分は多々あります。

だから決してこの1日で確定できるものではないのですが、少なくとも起業のスタートを切るにあたって大きな方向性が定まります。

できることは無限にあると思いますが、少なくとも絶対やらなくて良いことが明確になるので、やることが絞られるようになる。

つまり、無駄な労力を極力省けるようになる。

極力、起業の最短ルートを目指そう!というイメージの講座です。

 

国際イメージコンサルタント・印象学者 Ako Magno

 

しかも一般論でのビジネスプランではなく、あくまで受講生のパーソナリティや強みを踏まえ業界内でのポジションやブランディングの方向性を意識しながら、講師が経験からの体感を踏まえフィードバックしていきます。

卒業後、生徒さんから御礼のメールを頂いて「同じ講座を受けているのに、活用する方法が誰1人被っていなかった事に感動しました。」というお声を頂きました。

実は、MAICでは同じメニューを売るにも、それぞれの個性を生かして開業する為に、違う売り方をすることを推奨しています。

というのも、卒業生全員が「手法」の良さだけを売りに、同じような売り方をしたら、受講生同士が直接の競合になってしまい、価格競争になっていくから。

それは一番避けたいのです。

実は、ここ最近イメージコンサルタントの数が急増したこともあって、世の中ではワンコインでコンサルティングを提供する人も急増しています。

ワンコインって採算割れどころか、むしろコンサルタント側が様々な経費を自己負担で被って、お金を払って診断させてもらってる状態。

誰でもできるメニューというのは、買う側から見ると「中身が同じなら、安ければ安いほど良い」と感じるのは当然ですから、こういう価格競争に巻き込まれやすくなるのです。

その点、競合が居なければ、価格競争にも巻き込まれずに済むので、質に見合った価格設定ができます。

また他社を基準に動かなくて済むので、自分のペースで動きやすくなります。

というわけで、MAICは手法そのものがMAIC独自のもの。

体型診断、ファッション診断、パーソナルカラー診断、全てMAIC生しか使えない希少性の高い手法です。

その上で、さらに受講生同士の価格競争も生み出さないことを徹底して意識しているので、売り方さえも「個性」を生かして売ることを推奨しているというわけです。

だからこそ、受講生同士もお互いをライバルと思わず、むしろ最も信頼できる同業者として接しているのもMAICならではの特徴。

単なる仲良しのお友達同士のコラボではなく、ビジネスとしてWin-Winなコラボレーションが生まれているのもお互い住み分けを意識しているMAIC生ならではだと思います。

というわけで、また引き続き講座の様子もご紹介していきたいと思います。

養成講座にご興味をお持ちの方は、宜しければスクールページも御覧下さいませ。

 

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座▼

イメージコンサルタント養成講座