他の誰かではなく、史上最高の自分を目指そう!

他の誰かではなく、自分自身の最高を目指すべきよ。

“Be a first rate version of yourself, not a second rate version of someone else.”-Judy Garland

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者akoです。

エミュ・デザイン・アジア・イメージコンサルティング(MAIC)は2008年の設立以来、クライアントの自己肯定感を高める「個性」重視のパーソナルブランディングを提供しており、個性発掘の一環として五行バランス診断®を使った個性診断を提供しています。

 

イメージコンサルティングカウンセリング

 


普段コンサルティングをしていて「自分に自信がない。」という方のお悩みを聞いていると、無意識のうちに人と比較している人が多いと感じます。

自分ではない他の誰かだったり、心から望んではいない姿を目指して苦しむ方が多いのです。

「あんな風に素敵な人になりたいな。」という目標を持つのは素敵なこと。

もちろん、理想の人に近づくように努力している自分が心から楽しいと思える人は、誰かを目標にするのも良いと思うのです。

でも「あの人に比べて私なんて・・・・・。」「どうしてあの人はうまくいくのに、私は・・・・。」というネガティブな気持ちに繋がるとしたら、他の誰かなんて目指さない方が良い。

というのも、人の評価基準はその人によって違うからです。

 



私はイメージコンサルタントの養成をしています。

私は個性重視なので、私自身がトップに君臨し生徒さんが単なる私のコピー的な存在みたいなピラミッド構造が一番苦手。

私はワタシであって、生徒さんは生徒さん。

それぞれが、それぞれのステージで主役であってほしいと願っています。

というわけで、起業のアドバイスの際なんかも徹底して生徒さんの個性を意識していて、時々、受講生にこんな風に問いかけることがあります。

「あなたがお付き合いしたいと思う有名人や芸能人の名前を挙げて下さい。」

そうすると、それはそれは皆が見事に違う人を挙げるわけです。

どんなに旬な芸能人が居たとしても、全員一致で好きにはならない。

なぜなら、評価ポイントは人それぞれだから。

顔が好きという人も居れば、スタイルが好き、声が好き、生き方が好き、などなど様々。

そこには正解も不正解もありません。

だって、それは見る人の基準であって、統一するものじゃないから。

 

養成講座

 

どんなに完璧を目指しても、好きな人も居れば好きじゃない人もいるわけです。

それは芸能人や有名人だけじゃなく、誰にでも言えること。

評価する人によって「理想」は違うのです。

だったら、自分自身が心から理想と思える姿だけに集中した方がいい。

自分が心から理想とする姿に近づけるとしたら、そんな努力も楽しくなるはず。

というわけで、オススメしたいのはこちら。

他の誰かではなく、史上最高の自分を目指す!

他人との比較じゃなくて、昨日の自分との比較を習慣づけること。

自分の成長は、自分の努力次第で保証されるのだから。

そして、とにかく無駄なストレスからは、今すぐ自分を解放しましょう。

それから自分がどんな風に成長しているか、小さな変化にも気づける感覚を日々鍛えていくことも大事。

目標を他の誰かではなく「史上最高の自分」に変えるだけで、ストレスから解放され、自己肯定感にも繋がって行きますよ。

あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。

そんな価値観が当たり前の世の中が来る日を願い、日々活動しています。

個性を活かして快適に過ごせる人が増えますように!

 

個性

 

五行バランス診断®無料公開中!

個人コンサルティングで提供している五行バランス診断®では、60問の心理テストとカウンセリングを通し、あなたの五行バランスを数値化し比率をパーセンテージを導き出し、診断しています。

五行って何?という方は、宜しければ以下の記事からご覧下さいませ!

 

五行バランス診断®の元祖「五行思想」と3つの相性

 

 
five elements
facebook

 

 

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座▼

イメージコンサルタント養成講座