9期生最終試験:ファッションスタイリスト専攻

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

 

先日、イメージコンサルタント養成講座9期生が卒業しました。

その前にかなり時差記事(笑)になりますが、

ファッションスタイリスト専攻の最終試験に行って来ました!

 

 

今回、私は基礎コースのみを担当していて、

プロコースはなかぞのしょうこ講師が担当してくれました。

 

 

というわけで、私は基礎コース以来の再会で、

しかも最終試験ということもあり、

ドキドキワクワクしながらお邪魔してきましたが、

MAIC生はやっぱりすごかった!

 

何度かブログでもご紹介していますが、

MAICの最終試験は実技試験です。

 

だってコンサルティングって筆記じゃないですから。笑

そこは、圧倒的な開業率を誇るMAICなので、

徹底した実践形式にこだわり、実技試験をしています。

 

 

ファッション専攻の試験では、

外部からお呼びした一人のモニターさんに対して、

受講生全員がプレゼンを行います。

 

実はこの最終試験に向けて、

お客様には事前に心理テストを受けて頂き、

数週間前にはモニターさんへインタビューもしています。

 

というわけで、プロコースの中では、

MAICの実際のコンサルティングの流れを、

そのまま授業の中で再現しているのです。

 

MAICのコンサルティング手法は多角的なので、

分析が非常に深く、時間がかかりますが、

皆さん、それをワンステップずつ積み上げて、

この最終試験に臨んでいます。

 

 

しかも、モニターさんは卒業生や関係者ではなく、

知識を持たない一般の方のみにお願いしています。

 

その為、シナリオややらせは一切なく、

この試験はまさに本番そのもの。

ロールプレイングではないんです。

 

一般的なスクールでは、

卒業生や講師が「お客様役」を務めることが多い中、

業界でもちょっと珍しいスタイルかなと思いますが、

実践形式にこだわるMAICならではの最終試験です。

 

 

ちなみに、開校以降MAICは圧倒的な開業率を誇りますが、

授業期間はたったの3ヶ月なんですよ。

 

3ヶ月でお客様に提案なんてできるわけないでしょう?

と思う方が多いと思うのですが、

ご覧の通り、MAICでは誰もが提案できるようになります。

 

 

ファッション業界出身の受講生も居ますが、

ゼロからスタートという受講生も多く、

それでも3ヶ月で全員それぞれの形ができあがり、

実際のお客様にご提案ができるようになるのです。

 

 

ちなみに、毎回受講生にもお伝えするのですが、

MAICの最終試験はゴールではありません。

最終試験はスタートラインと捉えています。

 

というのも、2008年に開業し8年の経験がある私でも、

ゴールに立っているとは思って居ないからです。

 

もしゴールを目指して開業を先延ばしにしていたら、

多分私は今はまだ開業してなかったでしょう。笑

 

というより、人を扱う仕事をする以上、

ゴールと思った時点で終わりだなと思います。

 

人を扱う仕事ってそんなに単純ではないですから、

むしろ常に課題を見つけて、

成長し続けたいと私は思って居ます。

 

というわけで、最終試験の後は、

愛あるフィードバックコーナーも待っているんです♪

 

 

私と尚子講師は、受講生の個性を理解した上で、

生かすべき良かった点をお伝えすると同時に、

現役イメージコンサルタントとして、

改善点についてもアドバイスをしています。

 

私は手法の開発者としての視点になりますが、

特に尚子講師の場合は、卒業生ということもあり、

受講生目線でのアドバイスも沢山してくれました。

 

まさに厳しいけど愛あるスパルタ。

尚子講師の存在もこの講座の大きな価値です。

 

 

ちなみに、MAICでは受講生もフィードバックするんです。

それも「よくできたじゃん♪」「良かったよ~♡」

みたいな表面的なものではなくて、

ガッツリ改善点も含むフィードバックします。

 

これから同業者になろうという相手から、

これだけ真剣にコメントをもらえるって貴重ですよね。

 

これも3ヶ月間共にこのスパルタ教育を乗り越え、

お互いの個性を分かっている受講生同士だからこその、

愛あるスパルタコメントだと思います。

 

 

そして、最高に豪華なのが、

モニターさん本人からのフィードバック。

 

実際に仕事を始めたら、

お客様からフィードバックなんてもらえないですから。

最初で最後、そして最高の機会。

 

試験が終わってすぐの即興コメントにも関わらず、

本当に沢山の感想を頂き、

ご協力頂いたモニターさんにも本当に感謝です。

 

ちなみに、こちらは9期生のプレゼン資料。

共通のモニターさんが相手なのに、

それぞれの提案がこんなに違うんです。

 

 

ちなみに、資料だけではなくて、

プレゼンのスタイルも毎回個性満開♪

 

そんなにバラバラなら、それだけいい加減なのでは?

と思う方も居るかもしれないですが、

そうじゃないんですね~。

 

今回のモニターさんからも、こんな言葉を頂きました。

「個性があっても軸がブレてないから、信用できる。」

 

MAICの手法は、単なる感覚やセンスでの診断ではなく、

心理テストやカウンセリングを通し理論的に診断します。

 

それは言ってみればセカンドオピニオン。

客観的なデータを軸に使って提案するので、

コンサルタントによるブレが生まれにくいのです。

 

その為、一見個性的でバラバラな提案に見えますが、

お客様側から見ると、全員一貫していて信用できる。

というわけです。

 

つまり、それは8年の経験がある私が提案しても、

受講生が提案してもその軸はズレないということ。

 

もちろん、経験によって肉付けは増やせますが、

軸となる部分はMAIC修了時点で完成します。

 

初めての提案となれば、緊張もしますし、

たいてい自分なりに反省点は出て来るのですが、

少なくともお客様はそう感じるということ。

 

 

コンサルティングは、

お客様がどう感じるかが全てですからね~。

 

あとは経験
から自信を得るだけ!

個性満開の皆さんの活躍が今から楽しみです♪

 

また引き続き、

開業コースの様子についてもご紹介します。

 

ファッションスタイリスト専攻の授業風景は、

尚子講師のブログでも紹介していますので、
もし良かったらこちらもご覧下さいませ。

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

【ご案内】

圧倒的な開業率!イメージコンサルタント養成講座 

ファッションスタイリスト専攻

パーソナルカラーアナリスト専攻

10期生養成講座2017年3月開催

 

日本一 ストレスフリー!マナー講師養成講座
12月10日(土)11日(日)開催

 

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

 

—–