卒業生の声 その3:Y.D.さん

 皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。
先日、イメージコンサルタント養成講座一期生が10ヶ間のトレーニングを終え、無事卒業しました。
現在、生徒さんから受講の感想をお一人ずつ順番にご紹介しております。

Y.D.さん

「なりたい自分」になるための印象学レッスン

■なぜイメージコンサルタント養成講座を受講しようと思いましたか?
・自分がこれまで学んできた知識の整理
・それらを他の形でお客様に提供できると思ったから。

■Mu:Designを選んだ理由は?
・型にはまらないスタイルで起業したかったので、実践的且つ自分の持っている他のスキルを使った
・コラボレーション(アレンジ)もOKなサロンとして選ばせて頂きました。

■受講してみて特に良かった点は?
・自分のスキルを分類することができました。

■受講して何が変わりましたか?
・自分の悩みも含め客観的に見られるようになりました。

■Mu:Designのスクールの魅力は?
・少人数制であること
・先生との距離が近いこと
・素敵なサロンでちょっと優雅な気持ちで学べること
・カラーについても疑問点が聞けること

■卒業後の活動について教えて下さい。
・週末を使って、身近な人のコンサルティングから始めます!

■その他自由にお書きください。
申込みの問い合わせの時から大変お世話になりました。
自分の中の色々な要素を客観的に見られるようになったと思いますし、
自由なスタイルである分、ここを追求したいという分野も明確にすることができました!
これから頑張ります!

「なりたい自分」になるための印象学レッスン

Y.D.さんが私どものスクールを選んだ理由の一つに、
アレンジが自由なこと(講師の言うことを以外の理論や手法もMIXしてOKという意味)
と挙げていらっしゃるように、私はアレンジ大歓迎の方針です!

講座の中でも、私の方式だけが必ずしも正しいという進め方はしない為、私が素敵だと感じるものと
生徒さんが素敵だと思うものが違った場合、無理に私に合わせることはしなくて良いとお話しています。

もちろん、新しい物を受け入れるセンスは必要なので、違うものを受け入れる謙虚さは必須ですが、
「先生が言ったから、じゃあ私もこっちで・・・・。」ではダメ。現場でそれは通用しません。
私が良いと言っても、自分が良いと感じなければ私に合わせる必要はないと話しています。
なので、例えば過去に身に着けたものがあって、方式が違う場合にはそれも使ってOKという方針。

講座の中では、現在私が使っているコンサルティングスキルは全て教えますが、
最終的にコンサルティングをするのは生徒さんなので、自立したコンサルティングができるよう、
自分自身の方針やセンスには常に自信を持ちながら、
必要なところだけ私の手法を取り入れていってもらうようにお話しています。

私自身も過去に5つのスクールで学んでおり、私は先生に恵まれていたと思います。
ですが、どの手法も習ったそのままをお客様に提供したことはなく、
自分が学んできたものを毎回アレンジしてMIXして、心から納得の行くものを提供するようにしてきました。
そんな経験から、むしろアレンジは推奨しているのです。

その為、例え同じコースを修了した生徒さん同士であっても、
内容がもターゲット層も変わってくるわけです。

卒業生同士が全く同じメニューを出して価格で競い合うような事態は一番避けたいことなので、
とにかく個性重視、本人の経験やセンスによってオリジナルメニューを作れるように、
差別化する方法を一緒に考えるようにしています。

Y.D.さん、卒業おめでとうございます!
お疲れ様でした!

● 国際イメージコンサルタント養成講座
http://mu-design.net/school.html

「自分の魅力発見&なりたい自分を叶える」印象学レッスン
公式アカウントでも情報配信中!   

お仕事の依頼、お問い合わせ、取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局


—–

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム