個性を「可視化」できるイメージコンサルタントMAIC

 

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

 

 

 

以前、マナー講座を受けて下さったお客様とこんな会話をしたことがあります。

「本当はイメージコンサルタント養成講座にも興味があるんです。色々なスクールを見てたんですけど、どこも同じに見えて手法の違いがよく分からなかったんです。」

「そうだったんですか?じゃあ、どうしてマナー講座に申し込んで下さったんですか?」

「akoさんだからです。手法の違いはよく分からないけど、ブログ読んでコンサルティングを受けるなら絶対akoさんから受けたいと決めていたので、まずはマナー講座を受けてみようと思って。」

これ、個人としては最高ににありがたいお言葉ではあるんですけど、スクール運営している身としては結構ショック。

 

「手法」についても、是非もっと知って頂きたいです。

2008年開業以来、11年間広告宣伝は一切せず口コミだけで広がって来たMAIC。

 

確かに、ここ数年イメージコンサルタントもスクールも急増したので、比較するのも気の遠くなる話ですよね。

 

違いを伝えきれていないのは、明らかに発信側の問題だと確信。

というわけで、良い機会なので、改めてMAICスクールの特徴を整理してみることにしました。

 

MAICの特徴と言えば、まずは以下の3点。

【1】国際的な手法
【2】理論的な実践スキル
【3】個性の追求

 

これを理由にMAICを選ばれた受講生は多いです。というわけで、更にこの3点について他社比較で考えてみました。

 

 

【1】国際的な手法

私自身がイメージコンサルティングの本場アメリカでも学んだ経験があるからこそ、世界で通用する本格的なスキルをお伝えすることができます。

 

国際ライセンスを持っている方でも、実際に学んだのは日本のスクールという人が多い為、そういう意味で本場米国で学んだ日本人は結構珍しい。

とはいえ海外で学んだ経験のある人は私だけではないので、MAICだけの特徴とは言い切れないかもしれないですね。一旦却下します。笑

【2】理論的な実践スキル
実は私は憧れではなく、コンサルタントに対する不信感からこの世界に入っています。

 

信頼できるコンサルタントを探すより自分が学ぶ方が早いと思ったのが学び始めたきっかけなので、理論にこだわり実践重視で教えています。

 

 

ちなみにMAICの実践スキルというのは、実技も含まれますという意味ではなく、日本人の苦手とする「自分で考え、答えを導く力を鍛える。」という、独立した時に一番大事な「応用力」を鍛えるという意味での実践スキルです。

 

とはいえ、確かにどのスクールも「実践」重視とは言っているので、確かに活字だけで読むと同じに見える。

 

いまいち違いが伝わりにくいのかもしれないですね。というわけで、これも却下しておきましょうか。笑

と、そんなこんなで気づきました!MAIC最大の特徴は、なんといってもこれなんだと思います!

【3】個性の追求
個性を「可視化」できること。

今、日本のコンサルティングは骨格や顔など、外見から似合うものを診断するというのがブーム。

そんな中、MAIC手法は内面重視、外見だけでなく内面も含め本当の意味での「個性」を生かすイメージコンサルティングが特徴。

 

そういう点で「追求」という言葉を使える程、「個性」に対応できる手法はMAICだけだと思います。

 

 

 

なぜ内面が大事かというと、双子のパターンで考えると分かりやすいです。

 

不思議なもので、同じ環境で育っていても兄弟で性格って真逆だったりすることってよくありますよね。

でも外見的だけを要素に診断するとしたら、パーソナリティや職業、ライフスタイルが違っても、双子だったら外見が同じなので、ファッションやメイクが同じになるということ。

それって、少なくとも双子の片方にとっては自分らしくない違うキャラクターを演じているようなもの。

 

外見は内面のパッケージみたいなものなので、「あなたらしい。」と言われても明らかに違和感を感じるでしょう。

 

双子の場合は外見が同じで性格が真逆というパターンがあるので、外見だけで診断するとどういうことが起きるのか分かりやすいと思います。

そう考えると、外見から似合うものを診断すると言うのは、最初のステップとしてはありだと思うんですけど、外見だけではベストとは言えないと思うのです。

ファッションやヘアメイクの似合う似合わないというのは見た目の話なので、もちろん外見もすごく大事。

 

でも本人の居心地の良さまで考えたら、内面的との一致がない限り「自分らしさ」は完成しないのです。

というわけで、MAICにとって外見的に美しくなるというのは、あくまで個性を可視化した結果の話。

 

外見的な美しさの追求ではなく、内面も含めた個性の追求をしているのがMAICです。

ちなみに、それを支えるのが5,376分類の提案ベース。

パーソナルカラー16タイプ
×
ファッションスタイリング14タイプ
×
体型分析24タイプ

これを組み合わせた5,376分類をベースとして使っていますが、お顔立ちやパーソナリティによって、更にアレンジする為、実際のタイプ数は無制限です。

 

MAICが完全カスタマイズのオーダーメイド診断で個性を追求できる秘密は、このバリエーションの多さにあります。

 

 

そんな手法なので、機械的な診断はできない分、身に着ける受講生達からするとマスターするのは大変。

でもそんな手法を教えているくらいのスクールなので、もちろん受講生に対しても個性重視。

 

受講生によってやる気の出るポイントが違うのが分かるからこそ、そのポイントを押さえながらモチベーションアップに繋がるような育成をしていて、未経験者でも3ヶ月間でスタートラインに立てるシステムになっています。

そんな伸び伸びした自由な校風のMAICなので、MAIC色というのが存在しないのも特徴。

 

卒業生も職業や経歴もバラバラですし、なんせファッションスタイリングなどの外見もかなり幅があり、見事に個性満開。

MAICって、いわゆる起業女子にありがちなキラキラ感、女子会感がないんですよね~。笑

 

私自身がそういう雰囲気のが苦手だからというのもあるんだけど、良い意味で「MAICっぽいですね。」みたいなまとまりがなくて、それぞれが職人気質な感じで個性的。

 

「あなたはあなたらしく。私はワタシらしく。」

自分たちがこれを再現しているからこそ、クライアントの個性を拾い上げるのに最適なコンサルタントなのです。

というわけで、外見的なオシャレの追求ではなく、内面も含めた個性の追求まで対応したい方に最適な職人気質なスキルが身に着くのがMAIC。

 

そんなお仕事の仕方を目指す方に選んで頂きたいスクールです。

 

スクール比較の際に参考になさって下さいね。

ちなみに個性の「可視化」ができるプロたちは、卒業生リストでもご覧頂けます。

 

もし良かったら、その個性満載さもご欄下さいね!

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座
http://mu-design.net/school.html

 

 

 

 

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

 

  

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

—–

■ 最新情報

🔔 【残り1席】 3月スタート!国際イメージコンサルタント養成講座
パーソナルカラーアナリスト専攻は最後の1席となりました。

🔔 【満員御礼】 4月個人コンサルティング
平均3ヶ月待ち。現在、5月中旬のお申込みを受付中です。

🔔 【大好評!】 セルフブランディング100日間エクササイズ
Instagram ID: @ako.magno で連載中!
個性を磨くための日々のヒントをお届けします。