世界で通用するスキルが日本語で学べる!MAICイメージコンサルタント養成講座

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

 

先日、米国 Fashion Stylist Institute

ワードローブスタイリストコースを修了しました!

 

 

 

 

ちなみにFashion Stylist Instituteでの学習は、

通学&オンラインを併せて、これで6コース目。

 

 

ファッションスタイリスト

 

ブライダルスタイリスト

 

メンズイメージコンサルタント

 

メイクアップコンサルタント

 

ジュエリー&アクセサリーコンサルタント

 

ワードローブスタイリスト

 

 

もはやコレクターの域ですけど、

2009年の渡米以来、ずっとお世話になり、

本当に沢山のことを教えて頂いています。

 

こんな感じで定期的に学び続けていると、

コンサルティングに役に立つのはもちろん、

受講生の気持ちを思い出すことができます。

 

それと同時に私も講座を運営する立場なので、

情報を惜しみなく与えてもらえることも、

本当にありがたいことだなぁと感じます。

 

 

 

 

日本では講師側の私ですが、

ここでは受講生で、試験に課題提出に毎回ドキドキ。

 

ちなみにアメリカのコースはすごく厳しい!

ある意味MAICよりもスパルタかも。

特にオンラインコースが厳しい。

 

各章が終わるごとには小テストがあり、

その小テストを合格しないと、

そこで受講資格停止になっちゃうんです。

 

万が一小テストに落ちたら、

その先は受講させてもらえない。

厳しすぎじゃない?笑

 

そんなの日本語でもプレッシャーなのに、

インプットもアウトプットも両方英語なので、

ある意味語学試験も兼ねてる感じ。

そっちの方がドキドキします。

 

海外で学ぶとしたら、

語学力はどれくらい必要ですか?

 

 

という質問を頂いたことがありますが、

留学生枠があるわけではなく、

ネイティブの方達も同じコースで学ぶので、

語学のハードルは結構高いです。

 

日本と違い、暗記力勝負ではなくて、

常に自分の意見が求められるので、

小論文的なのも多いですしね。

 

 

 

 

私は英語圏で生活してますし、

夫婦の会話は100%英語という環境ですけど、

普通に日本育ちの日本人ですから、

資格取得となると未だに楽ではないですよ。

 

これを日本語で学べるものなら、

日本語で学びたいですもの・・・・・。笑

というわけで!

 

 

あったらいいなをカタチにする!

by 小林製薬(笑)

 

 

イメージコンサルティング界での、

そんな存在感を目指し、

本場のスキルを日本に輸入し続けてます。

 

米国発祥のスキルを、日本で学びたい!

という方は、是非こちらもご覧下さいね。

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

—–