メイクの威力!! ~NARS~

 皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタントのAkiko TAKATAです。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA


先日、NARSでメイクレッスンを受けてきました。

正式なレッスンではないのですが、カウンターで学びたいことを質問しまくって

勝手に習って参りました!!

今回、私が挑戦したのは「彫刻メイク」(勝手に命名)です。

ご紹介頂いたクリームアイシャドウも購入して、レッスン後、また自分の顔を練習台にメイクをしてみました。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA

彫刻メイクの仕上がりは、こんな感じです。

実は、こう見えて、私の元々の顔立ちは、平面的なのっぺり顔でパーツ小さめ、地味で古めの顔立ちと

何重ものコンプレックスを抱えております。笑

でも、上の写真を見て頂いても、きっとそんな風には見えないですよね。

むしろ、ちょっとラテンな位に見えると思います。

これは、他ならぬメイクの威力なのです!!

のっぺり顔の私がメイクをする際に常に心がけていることは、「彫」をメイクで作りこむことです。

彫を深く見せる一つのテクニックとして、クリームタイプのアイシャドウを使うという手があります。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA

クリームシャドウの上に、普段通りパウダータイプのアイシャドウを重ねます。

そうすると、色に深みが生まれて、それだけでも目元に立体感が生まれるのです。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA

こうやって近くで見ると、元々の顔立としては、ほとんど彫がなく、

実はかなり平面的なのが分かりますよね。

でも遠目になると、この色の深みがまるで彫のように見えるわけです。

そう、メイクは「見えれば」それで十分、「見えれば」それで、良いのです。

生まれ持った素材は変えられませんが、顔の「印象」はメイクを使っていくらでも変えられます。

その証拠に、先日ご紹介したボビイブラウンのヌードメイクと今回のNARSの彫刻メイクを

並べてご紹介致します。




印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA

これを「印象」としてパッ見た時、同じ人物とは一瞬思えませんよね。

私は両方気に入っているので、これはバリエーションとして使っていくつもりですが、

こんな風に同じ人間であっても、同じ顔立ちであってもメイクを変えるだけで印象が変わるということです。

というわけで、女性がメイクの力を使わないのは非常にもったいないです。

顔は変えられなくても、顔の「印象」はいくらでも変えられます!!

また自分自身のバリエーションを増やす為には、とにかく沢山のアーティストさんから教えてもらうのが

オススメです。

今回もNARSのアーティストさんのおかげで、あらたに彫刻する位置が発見できました!!

私どもMu:Designがイメージコンサルティングの最大のテーマとしている

「なりたい自分になる」というのは、メイクに限らず結局こういうことを意味しております。

私のイメージコンサルティングでは、

「これをすると印象UP、印象DOWN」といった一般論はほとんど使用しません。

お客様が表現したい印象を、ファッションやメイクなどを使って「表現」するお手伝いをしております。

ほんのちょっとの知識を持つことで自分が好きな自分を表現できたら、毎日もっと楽しくなりますよ♪

7月はほぼ満席となりましたが、8月はまだ十分に空きがございますので、ご興味のある方は、

是非コンサルティングを受けにいらして下さいね。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタントAkiko TAKATA

—–

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム