ベストカラーを診断しないパーソナルカラー診断

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

先日、ミスユニバース世界大会がマニラで開催されました。

フィリピン人はミスコン王国とも呼ばれるミスコン強豪国。

その為、フィリピンはここ数週間お祭り騒ぎで、

TVでは歴代のミスフィリピン特集が組まれたり、

影でサポートするコンサルタント特集が組まれたりと、

オリンピック以上の盛り上がりでした。笑

残念ながら、日本代表の中沢沙理さんは入賞ならずでしたが、

知的なオーラ漂う中沢沙里さんもすごく素敵でしたよね!

ちょうど先日、私のブログの中も、

ミスユニバース風に大変身された、

T様のBefore&After変身事例をご紹介しましたが、

これがありがたいことに大反響。

イメージコンサルティング事例

イメージコンサルタント養成講座の修了生からも、

「あまりの変貌ぶりに、何がコツか聞きたい。」

と言われたので、ブログでも少しずつご紹介したいと思います。

ご覧の通り、メイクもファッションも変わって居ますが、

ここで一番大事なのは、何を差し置いても「色」。

イメージコンサルタントは、パーソナルカラーと呼ばれる、

お客様の生まれ持つ肌や瞳の色などを生かす色を診断します。

一般的には春夏秋冬と呼ばれる4グループの中から、

似合う色のトーンを診断しています。

ちなみにMAICでは4×4の16シーズンで診断しますが、

いずれにしてもT様がお召しのBefore&Afterの色のグループは、

どちらもWINTERと呼ばれるグループがメインとなる色。

じゃあ、どうしてこんなに見え方が違うの?

というと、人間が目で識別できる色は数万色ある為。

パーソナルカラー4シーズンというのは、

その数万色を4分割にしただけの状態。

そうなると、一つのグループに含まれる色の中には、

「まあ良いでしょう。」くらいの色も含まれるからです。

そこで、コンサルタントによっては、

ベストカラーと言って、WINTERの中でもこの色がベスト!

という方法で一色を選び抜く提案をするケースもあります。

一方でMAICの場合は、敢えてベストカラー診断はしません。

なぜかと言えば、ベストカラーは使い勝手が悪いのを、

私自身が経験済なので・・・・・。笑

私も生まれて初めてパーソナルカラー診断を受けた際、

実はベストカラーをご提案して頂きました。

その時は選りすぐりで選んで頂きありがたかったですし、

ベストなカラーを知ったらルンルン♪

もうこれでショッピングも無敵だと思ってました。

ところが・・・・・、ある日ふと気づくと、

私のベストカラーって、どっちだったけ?

と思うような二色を発見してしまったのです。笑

記憶を頼りにベストカラーを思い出そうとしたのですが、

結局、素人時代の私には判別できないまま。

診断前より洋服を選べなくなっちゃいました。

最初は一生懸命思い出そうとしていたのですが、

ある日とふと気づいてしまいました。

もしやベストカラーを思い出せたところで、

一生ベストカラーしか着れないってこと?

そんな人生、ちょっとやだなぁ。

だったら、ベストカラーどっちでも良くない?

と急に冷静になった私。

ベストカラーは記憶から消すことにしました。笑

というわけで、そんな私自身の体験からも、

ベストカラー診断は敢えてしていないのです。

というのもプロになって振り返ると、

上のような二色の中なら、迷う必要もなければ、

この範囲でベストカラーを選び抜く意味もないからです。

その代わりに、MAICでは4シーズン提案診断ではなく、

細かく似合うゾーンを見分ける16シーズンで提案しています。

実は今回のT様のケースでは、

BeforeもAfterもWINTERです。

でも同じWINTERに含まれる色の中でも、

Beforeは低彩度と呼ばれる色をお召しです。

一言でいうとモノトーン系の目立たない色。

Afterの方は高彩度と呼ばれる色をお召しです。

一言で言うとビビッドな目立つ色。

もちろんWINTERの範囲の色なので、

色自体Beforeも完全NGというわけではないですが、

T様の場合は断然高彩度が似合う方。

イメージコンサルティングお客様の声・変身事例

WINTERの範囲の中でも、似合うゾーンとして、

高彩度を大面積に活用した方が有効な方。

更にご本人の希望からも、

こういった女性らしさを引き立てる色がベストです。

そんな感じで、MAICのパーソナルカラー診断は、

従来の4シーズンの枠を超え細かく診断する為、

過去に他社で提案を受けたけど納得できなかった、

という方にもご好評頂いています。

SPRINGと診断されて、確かにSPRINGだとは思うけど、

じゃあSPRINGのあの色が似合わないのはどうして?

というような疑問を持ってMAICに来る方は多く、

そんな引っ掛かりもMAICなら解決することができます。

特にMAICの場合は、

イメージコンサルタントとしてカラー提案をしています。

イメージコンサルタントは、

常にTPOに合わせてご提案をする仕事。

最終目標は「印象」を視覚化することですから、

顔映りだけでベストと言い切ることはできないのです。

その為、まず初めにパーソナルカラー診断では、

似合うトーンを正確に抑えることに徹しています。

そこで選ばれた豊富な色のバリエーションの中から、

色彩心理などを踏まえTPOに併せて必要な色を使うことで、

初めて「ベストカラー」は生まれるものなのだと思います。

というわけで、「色」による効果は絶大!

顔立ちを生かす色+なりたい自分を叶える色

両方が叶う色をテーマカラーとしてご提案しています。

T様のケースはメイクもファッションも変えていますが、

どんなにスタイリングを頑張ってもメイクを頑張っても、

似合う色抜きにして、こういう結果にはならないですから、

「色」を使いこなすというのが変身の大前提だと思います。

というわけで、似合う色を正確に知りたい!

という方は是非、全国のMAIC認定コンサルタントによる

イメージコンサルティングを体験して頂けたらと思います。

また女性専門のイメージコンサルタントになりたいという方は、

是非、以下も併せてご覧下さいね♪

圧倒的な開業率!イメージコンサルタント養成講座
10期生申込み締切:2017年2月11日(土)※残席2

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座▼

イメージコンサルタント養成講座