インテリア14タイプ × イメージコンサルティング

 

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

 

私どもMAICのファッションスタイリングは、

7×2の14タイプ。

 

実はこの手法、ファッションだけでなく、

あらゆる物に応用ができるんです。

例えば、インテリアも14タイプに分けられるんですよ

 

 

 

「都会的」な表現方法 2種類

 

「保守的」な表現方法 2種類

 

「贅沢感」の表現方法 2種類

 

「上品さ」の表現方法 2種類

 

「独創性」の表現方法 2種類

 

 

「乙女感」の表現方法 2種類

 

 

「自然体」の表現方法 2種類

 

 

こんな感じで、

大きく7タイプ×2種類の表現方法で、

合計14タイプに分けられます。

 

私は新卒で最初に勤めたのが、

住宅メーカーのショールームだったので、

元々インテリアについては知識を持っています。

 

でも、実はこの14分類を作る際には、

その知識は使って居なくて、

イメージコンサルティングの知識を主に使っています。

 

というのも、そもそも住宅メーカーに居た時は、

こんな風に「表現方法」としては、

考えたこともなかったです。

 

でも、イメージコンサルタントは、

印象のプロフェッショナル。

 

 

 

 

つまり、印象の「表現方法」について、

お客様に最適な戦略を練る仕事です。

 

印象がつきまとうのは「ヒト」だけではなく、

物だったり空間だったりもします。

 

今回はたまたまインテリアのご紹介ですが、

この知識を使うと、ファッションだけでなく、

観葉植物だったり、ブーケ、風景、小物など、

あらゆるものが分類できます。

 

 

 

 

更に言うと、応用力次第では、

香水や音楽といった目に見えないものにさえ、

使える知識なのです。

 

ちなみに、MAICイメージコンサルタント養成講座では、

このファッションスタイリングを学ぶのですが、

授業の中でインテリアは学びません。

 

 

 

 

なぜなら、そんなことやっている場合じゃない程、

内容が凝縮されている為です。笑

 

というわけで、授業の中では、

レディースのファッションを使って、

14タイプのスタイリング方法を学びます。

 

でも、修了生も私と同じように、

ファッションの先のアドバイスはできると思います。

 

その証拠に、MAIC修了生達は、

ブライダルやメイク、メンズスタイリングなど、

それぞれの専門分野にMAICの知識を繋げて、

活躍の幅をどんどん広げて居るからです。

 

 

 

 

なぜ、皆がそんなことをできるかというと、

MAIC手法には明確な方程式があるから!

 

この方程式を理解するまでが大変なのですが、

この方程式さえ自分の感覚で掴めれば、

その先はどうにでも応用していけるという、

ものすごい便利な手法なんですよ。

 

 

 

 

もちろん応用は本人の経験やセンス次第ですが、

こんな風に永久に範囲を広げることができます。

 

知識を使っている限り感覚は研ぎ澄まされていくので、

年々できることが増えて行くのも、

この仕事の面白さだなぁと思います♪

 

そんなMAICイメージコンサルティング手法が学べる

MAICイメージコンサルタント養成講座

9期生の申し込み締め切りまであと4日!

 

締切りは、8月18日(木)ですが、

満席となり次第締め切りとさせて頂きますので、

予めご了承下さいますようお願い致します。

 

 

 

【ご案内】
イメージコンサルタント養成講座9期生
2016年9月~12月開催 8月18日(木)締切

 

国際マナー・コミュニケーションアドバイザー養成講座 2日間
12月10日(土)11日(日)開催

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

 

 

—–