あなたに似合う「赤」はどの赤?

パーソナルカラー

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

パーソナルカラーを診断していますというと、こんな質問をよく頂きます。

「私はピンクが好きなんですけど、ピンクは似合いますか?」

「青が苦手な気がするんですけど、青は似合わないですか?」

実はパーソナルカラーで診断するのは、似合う色相(ピンク、青、緑、赤といったもの)ではなくて、色のトーンなんです。

トーンというのは何かというと、明るくて澄んでいるとか、暗くて濁っているとか、いわゆる「形容詞」のこと。

あなたの赤はどの赤?

この写真は一言で言えば「赤」ですけど、微妙にトーンが違いますよね。こんなちょっとの差で、実は顔が大きく見えたり、黄ばんでみえたり、しわやくすみが目立ったりすることがあるんです。

これはパーソナルカラーを体験した人にしか分からないですが、こんなちょっとのニュアンスの違いでも顔映りは全然違う!

極端な話似合うトーン(形容詞の部分)さえ押さえることができれば、どんな色相でも着られるようになるので、知らないと人生損しちゃう。笑

似合う色を診断することで、その色に絞られてしまうのが怖い!と思われがちなパーソナルカラーですが、それは大きな誤解!

むしろ、例えば青が苦手だと思い込んでいたところ、似合うトーンを選ぶことで身に着けられるようになったりもするので、バリエーションを増やすことができるんです。

というわけで、ファッションがマンネリになってしまう、バリエーションを増やしたいという方にこそ、パーソナルカラーはオススメですよ!

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム