肩の力が抜けた余裕を感じさせるフレグランス

aesopフレグランス

 

ボタニカルスキンケアで有名なAesop(イソップ)のフレグランス。

先日お仕事でお会いしたヘアメイクさんが、ものすごい良い香りだったので、何を使っているかお聞きしたらAesopだった。

というわけで、その週のうちにリサーチへ。笑

 

左:Marrakech Intense (マラケッシュインテンス)

モロッコのマラケシュにインスピレーションを受けたという香り。カルダモン、クローブといったスパイスも入っていますが、特にサンダルウッドのお香のような印象が強く残ります。この3つの中では一番女性向け。華やかだけど嫌味がなく、エスニックタイプの女性にオススメしたい香りだなと思いました。

 

中:Tacit(タシット)

パントーンカラー363の鮮やかなグリーンをインスピレーションを受けたと言われるだけあって、フレッシュで爽やか。特に柚子を再現した香りが強く残ります。シトラス系の好感度を保ちながらも、嫌味がなく人と被らない主張のある香りでバランスの良い感じ。この3つの中では、一番ユニセックスっぽく、好き嫌いの別れにくい香りです。例えばノームコア(究極の普通)を敢えて選ぶような、知的な男女にオススメしたい香りだなと思いました。

 

右:Hwyl(ヒュイル)

日本の静寂をテーマとしているそうで、苔寺とか霧とかをイメージしているんですって。つけたては森林浴って感じもするのですが、ラストはベチバーとかフランキンセンスの重さが際立ち奥深いです。ミステリアスな森に迷い込んだ感じで、この3つの中では一番男性っぽい香り。そして外交的というよりは、完全に内省的な香り。寡黙だけど奥深い、例えば研究者の方なんかにオススメしたい香りだなと思いました。

 

Aesopのフレグランスは、パッケージデザインと同じく、どれも個性的なのに嫌味のない穏やかな香り。

ボタニカルブランドのイメージが強いかもしれないですが、決してそういう天真爛漫な香りじゃなく、穏やかだけど人間的な深みがある印象。

自分軸をしっかり持っている、自立した人というイメージで、肩の力が抜けた余裕を感じさせる洗練感のある香りでした。

 

 

■ 最新情報

🔔 【残り1席】 3月スタート!国際イメージコンサルタント養成講座
パーソナルカラーアナリスト専攻は最後の1席となりました。

🔔 【満員御礼】 4月個人コンサルティング
平均3ヶ月待ち。現在、5月中旬のお申込みを受付中です。

🔔 【大好評!】 セルフブランディング100日間エクササイズ
Instagram ID: @ako.magno で連載中!
個性を磨くための日々のヒントをお届けします。