国際人としての教養 ~世界の宗教~

皆様こんにちは。先日、マナー・プロトコール講座を開催しました。

 

参加者の方から頂いた声の中で「テーブルマナーといっても堅苦しいナイフとフォークの扱いだけでなく、世界の食文化の歴史にも触れているところが興味深かった。」というものがありました。

 

実は講座の立ち上げにあたり、私も取材をしたり、様々な宗教に関する資料を調べ、取り入れた項目だったので、とても嬉しい感想でした。

 

というのも、食事の作法やマナーを深く調べていくと、歴史的宗教的な理由から作法が出来上がっているものもあり、背景を知っていると型だけ学ぶよりも面白いのです。

 

リサーチ中、とてもおもしろい本を見つけたのでご紹介致します。それが、こちらの本。

 

 

 

 

購入するまで気が付かなかったのですが、実はこれ漫画です。元々は韓国のマンガを翻訳したものだそうで、韓国にはこのような教養マンガが日本よりも充実しているそうですね。

 

一冊で、世界中の主な宗教の基本的な思想について、非常に分りやすく簡単に書いてあります。更に面白いのは、それぞれの宗教の基礎的な思想だけでなく、お互いの宗教の関係性についても解説してあること。これのおかげで、今起きている世界各地の紛争の根底にあるものなど、今更ながら知ったことも沢山あり、自分自身の知識としても非常に役に立ちました。

 

通常はマナー上は、宗教・政治などは基本的には話題にはしないものです。でも話題にしないから知らなくて良いかというと、それはまた別の話ではないかと思うのです。

 

日本人にとって、他人の宗教を知るという機会は極端に少なく、また偏った情報に惑わされ、なじみのない宗教に対して誤解していることも少なくないのが現状だと思います。

 

現代は日本にも様々な宗教を信仰する外国人が住んでますし、日本人も色々な国へ旅行へ行くようになりました。真の国際人として、このレベルの基礎的な知識は誰もが自分の中に持っていても良いかもしれないと思うような非常にためになる一冊でした。

 

マナー講座にご興味をお持ちの方は、こちらのウェブサイトをご覧下さいませ。

 

 

—–

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム