ファストファッションは「あり」か「なし」か?

 皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

最近、H&M, ZARA, Forever21などファストファッションの店舗がどんどん増えて、

特に東京はどこの町でもファストファッションのお店がある状態になってきていますね。

「なりたい自分」になるための印象学レッスン

すっかり日本に浸透したファストファッション、「あり」「なし」と意見が分かれると思いますが、

皆様はいかがですか?

ちなみに、私は「あり」派です。私も枚数は多くないですが、何着か持っていていますし、

H&Mなんかは日本上陸前から、海外に行ったら見に行っていたくらい大好きでした。

今でもボトムスはFENDIなのにトップスはH&Mとか、時々そんな組み合わせもしています。

ファストファッションは、素材の安っぽい感じだったり、縫製の雑な感じだったりが原因で、

否定されることも多いですし、確かにその点、高級ブランドなどとは全く比較にもならないと思います。

ですが、私はファストファッションはそもそも比較するものではないと思っています。

高ければ質は高くて当たり前、安ければ質は低くて当たり前。

大事なのは、費用に対するバランス、その価値だと思います。

ファストファッションだからNGとかブランドだからOKということでは決してなくて、

ファストファッションでも、その価格にふさわしいデザイン、素材、縫製ならOK、

その価格に見合わなければ、ブランド品でも価値はないと私は思うタイプです。

新しいファッションに挑戦したい時や、明らかに来シーズンは着れなくなるような流行ものなどは、

ファストファッションを利用するのはむしろ賢い方法だと思います。

だから「ファストファッション」という括りだけで最初から却下してしまうのは、本当にもったいないです。

むしろ、イギリスケンブリッジ侯爵夫人のケイトさんなど、

お洒落な人程ファストファッションも賢く利用しているように思います。

一方でハイブランドは、ファストファッションとは全く別物で「芸術品」みたいなもの。

ハイブランドは、本当に価値を理解できる人が買うからこそ価値があると思います。

ものすごい高価なブランド品をローンを組んでまで買うというのは、私は違う気がしています。

価値観によると思いますが、身の丈に合うものを身に着けるってとても大事だと思うので、

無理矢理背伸びしてハイブランドというのは、いくら質が良いとは言えあまりオススメしたくありません。

ただし、洋服にお金をかけたくないという考えの方も、

質の良い物はできるだけ沢山見ることをオススメ致します!

良いものを知っていて、その上で費用対効果でファストファッションを選ぶのと、

最初から安いものの範囲内だけでと限定するのでは、洋服の見方が変わってきますので、

センスを磨くつもりで、上質なものにはできるだけ沢山触れた方が良いですね。

そして何より大事なのは、結局その方に似合っているかどうかだと思います。

似合っていれば、その方にとって価格以上の価値が必ず出てきますし、

似合っていなければ、例えどんなに高価でもその方が身に着ける価値はゼロ。

ファストファッションでもブランド品でもそこは変わりません。

私がイメージコンサルティングを通して、お客様に一番お伝えしたいのはそこです。

自分に似合う物を知っていると、色々な世間の価値観が気にならなくなると思います。

周りに流されずに、自分の価値観で自信を持って選べるようになると、お買い物も楽しくなりますよ♪

「ブランド名に頼らず似合うものを選ぶ価値観が持てるようになった。」と沢山の方に言って頂けるよう、

これからも本当に似合うものを知る意味をお客様にお伝えしていきたいと思います!

—–

■ 最新情報

国際イメージコンサルタント養成講座17期生開催中!

イメージコンサルタント養成講座

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはお気軽に!

info@mu-design.net (MAIC事務局)

お問い合わせフォーム