コンサルティング事例⑧-2 ~お客様の声~

 皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタント Akiko A. TAKATA

今日はお天気も良く、気持ちの良い気候ですね。

気候によってその国の人柄が反映されるというのって納得できますよね。

私自身、気持ちの良い天気だと何もしなくても幸せな気分になります。

さて早速ですが、前回ブログ内でブロガーのえりりん
のコンサルティング事例をご紹介致しました。

前回の記事はこちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/mu-design/day-20101001.html

本日は、えりりん
から送って頂いた感想をご紹介致します。


えりりん様 (30代 商社勤務)

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタント Akiko A. TAKATA

*******************************************

Qなぜイメージコンサルティングを受けようと思いましたか?

普段通勤服を選んでいて、ジャケットの丈の長さやボタンの位置で、なんだかスッキリ見える時と

そうでない時があり、スカート丈の長さは同じなのに、形が違うだけで、足がスッキリ見える時と

めちゃくちゃ太く見える時があり、こういうのが事前に分かっていれば、洋服選びもとても簡単になるし

「カワイイ!」「雑誌に掲載されてた!」と飛びついてから、あとから後悔するという衝動買いも

減るのではないかと思っていました。

そこに、最近、年齢と仕事でのポジションを考慮して、少しファッションの年齢層をあげたい

Anecanを卒業したい・・・笑)と思っていたのですが、自分では試行錯誤を繰り返してはみるものの、

なんだかしっくりこないことが多く、ヘタをすると「野暮ったい・・・」という感じで、

イメージコンサルティングの助けを求めました。

Q受けてみて特に良かった点は?

特に良かったのは、先ず似合う物と似合わない物だけじゃなく、その理由がはっきりと分かったこと。

これによって、今まで「このカタチ着てみたい!!!」と思うものについて、何度も試着を繰返し、

そのたびに「似合わない・・・」と泣く泣く諦めてましたが、体型から判断して似合わないんだということで、

諦めがつきました()

ローゼットの整理をするときも、「これはなんだか野暮ったく見えるけど、好きだから・・・」

残していた服も思い切って処分することができます!

そして、もうひとつが似合わない物を諦めるだけでなく、ファッションスタイリング分析のなかで、

自分が設定した目標に向かって、まさに新しいスタイルをご提示いただけたこと!

それもわたしの体型・パーソナルカラーを活かした新しいスタイルなので、自分でもとてもしっくり

来ました。

まずはクローゼットの整理をして、新しいスタイルに向けてのお買物がとても楽しみです。

Q受けて何か変わりましたか?

雑誌を読むのがとても好きなのですが、いつからか、雑誌を見て自分のファッションの参考にするの

ではなく、雑誌を見て「通販カタログ」のように買い物をするという方向に変わってしまっていました。

流行を取り入れるのも大切なことですが、「雑誌に載ってるから」「流行だから」というのではなく

自分がイチバン素敵に見えるというのがオシャレであり、その当たり前のことに改めて気づかされた

思いです。

Q.Mu:Designのコンサルティングの良さは?

イメージコンサルティングというのは、受ける個人個人の資質で違うものなので、

「ここまでやっていただけちゃうの?!」と思ってしまうくらい丁寧にマン・ツー・マンで教えて頂ける

というのが本当に良かったです。

受ける側も学んで、分からないところや教えてもらいたいところは直ぐに質問して・・・と、

きちんと参加するカタチなので「これは似合わない」「新しいスタイルとしてこれはどう?」という提案も、

自分で納得して、すっと自分のなかにおとしこむことができます。

あとは実践のみですが、自分の軸が確りと固まったのが自分でも分かりますし、

店員さんの「これラスイチですよ・・・」という誘惑にも負けないですみそう()

本当に自分に似合うモノを揃えていくのが今から楽しみです。

*******************************************






印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタント Akiko A. TAKATA



本当に素敵に変身され、私もとっても嬉しいです。

そして、友人だと変身していく様子を今後も頻繁に見られるのも楽しいです♪

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタント Akiko A. TAKATA

えりりん
も感想で書いてくれていますが、お客様の感想はいつもだいたい以下が共通しています。

①似合う似合わないの理由がはっきりと分かる

②自分自身の目標に向かって、それを表現するディテールが分かる

③受け身でアドバイスを受けるのではなく、共同作業参加型なので受け入れやすい

そして、何より私がお客様に言われて嬉しい事、それは・・・・・・・

「流行よりも自分に似合うものを着ることが大切だと思った。」

まさにこれを日本人女性に広めたいという思いでイメージコンサルティングをしております。

私が敢えて一般女性をメインターゲットにコンサルティングを行うのも、とにかくこれを広めたいからです。

私が昨年アメリカでのトレーニング
で最後に掲げた目標も、実はまさにこれ!!

「日本人女性をトレンドから解放し、世界的に見ても魅力ある個性的な女性を増やす!!」でした。

日本のトレンド追い傾向は世界的に見ても異常!!

「似合っても似合わなくても無理矢理トレンドを追う意味は何?皆と同じ格好なんてつまらない。」

という価値観を持つ私にとっては、お客様がこう言って頂くのがとても嬉しいのです。

というわけで、私と同じような価値観を持つ女性を日々増殖させているところです。笑

コンサルティングとしてのファッションのご提案だけでなく、こんな価値観も併せてお伝えできるよう、

今後も努めて参ります。

イメージコンサルティング・スタジオMu:Design(エミュ・デザイン)

印象学を使って、なりたい自分になろう!国際イメージコンサルタント協会認定イメージコンサルタント Akiko A. TAKATA



—–