5年後、10年後あなたの仕事の質を決めるもの

 

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

 

先日、認定イメージコンサルタントの島田亜由美さんが、

こんな記事を書いて下さっていました。

 

そのスキル、5年後まで使える?

 

 

 

 

イメージコンサルティングは、

日本ではまだまだ一般的でない仕事とはいえ、

私が2008年に起業した時と比べると、

かなり認知度が上がったなと思います。

 

私の勝手な予測ですけど、

ここ1,2年のうちには、日本のドラマとかにも

イメージコンサルタントの役とか出て来そうな勢い。

最近は、それくらいのブームな雰囲気を感じています。

 

 

 

 

業界の認知度が上がり賑わうと、

同じイメージコンサルタントとしては嬉しいです♪

 

一方で、少し心配な面もあります。

亜由美さんもブログで書いてますが、

ブームが玉石混交状態を加速させているという事実。

 

なぜなら、国家資格などとは違い、

イメージコンサルタントを名乗るのは簡単で、

本当にピンキリだから。

 

名乗ってしまえば、

あなたも今日からイメージコンサルタント!

というのは大袈裟ではなく本当の話。

 

その為、独学で開業してしまう人が居たり、

中にはパーソナルカラーアナリストから、

肩書きだけ変更する方も増えているそうです。

 

わざわざ渡米して資格を取って居る身としては、

独学で同じ肩書きを名乗ってもらっちゃ困ります。笑

 

 

 

 

何より「イメージコンサルタント」の意味合いが、

ずれて広まっていくのは、なんだかもどかしい。

 

ちなみに本来、イメージコンサルタントは、
クライアントに必要な印象を作る上げる戦略家です。

 

10秒で解説!イメージコンサルタントの仕事

 

 

 

その為、心理学的根拠を元にして、

外見を整える為のメイクやファッションの提案をします。

 

その印象戦略の一環として、体型カバーがあったり、

似合う色を身に着ける提案があったりするのです。

 

あくまでゴールは印象戦略ですから、

ファッションやカラー等の提案は手段にすぎません。

 

 

 

 

言い換えると、印象戦略が完成しなければ、

たとえどんなに似合っていても、

それはイメージコンサルティングではないということ。

 

でもパーソナルカラーアナリストから、

肩書きだけ変えたという話にも見られるように、

個人相手にファッションアドバイスする人が、

イメージコンサルタントとなってしまった日本の現実。

 

本来の職業とは違う形含めての、

ネーミングとしての認知度拡大&ブームなので、

本来の姿を知っている人達はちょっと複雑。

というわけなのです。

 

そんな最近の業界の流れを感じ、

「今から学ぶ人は本物のスキルを選んで!」という意味で、

亜由美さんが記事内でMAICを推奨してくれました。

 

ちなみに亜由美さんは、

イメージコンサルタント養成講座の講師。

 

もちろんMAIC卒業生ですが、

記事内でこんなことを書いていらっしゃいました。

 

 

 

 

起業はゴールではなくスタート地点。

今、何を身に着けるかで、

 

5年後、10年後のあなたの仕事の質が変わる。

 

 

コンサルティング予約が約一ヶ月待ちという

大人気の現役イメージコンサルタントの言葉!

重みがありますよね。

 

そして何より、私だけでなく卒業生達が、

誇り高い気持ちでこの業界に携わってくれるのが、

本当に嬉しいなと思いました。

 

MAICの養成講座は少人数制の実践講座なので、

年間でも限られた人数しか、

コンサルタントの育成はできません。

 

でもその点、限られた人しか使えないものなので、

一人一人がスキルに誇りを持ち、

仕事に対する高い意識を保てるのも強み。

 

というわけで、

高い技能と志を持つ人財を送り出すことを使命とし、

引き続き少数精鋭で業界に貢献して行きたいと思います。

 

宜しければ、

亜由美さんの記事も併せてご覧下さいね!

 

そのスキル、5年後まで使える?

 

 

 

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座

12期生募集中!締切りは3月2日(金)
満席となり次第締め切りとさせて頂きます。

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

 

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

—–