言語と立居振舞の意外な関係性。週末の国際マナー・コミュニケーション・インストラクター講座で…

言語と立居振舞の意外な関係性。週末の国際マナー・コミュニケーション・インストラクター講座では、握手の話など国際的な挨拶についてもお話させて頂きました。握手といえば、4月に初めて上海を訪問した時、面白い出来事があったんですよ。 . AmyとDaniが上海空港まで見送りに来てくれた時のこと。二人と別れて一人で出国審査待ちをしている時にふと気づいた私。 . あれ?Daniと握手したのに、Amyにはお辞儀だけして帰ってきてしまった!すごい失礼~! . もちろん、なんの意図もなく無意識だったのですが、なぜだろうと振り返ってみたら、その時Daniと私は英語で、Amyと私は日本語で話していた為。 . 通常三人で話す時は英語なのですが、日本語に切り替わって、ついうっかり日本人同士の気分になっちゃったんだと思います。確かに敬語が入る分、同じ相手でも距離感変わるからなぁ。 . 言語と立居振舞って習慣的に紐づいているんだと実感した出来事でした。 . The relationship between behavior and language is really interesting. I forgot to do handshake with Amy and I just bowed to her in spite of that I did a handshake with Dani! . Maybe because I talked to Amy in Japanese and talked to Dani in English. We Japanese usually don’t shake hands even with Japanese business partners or close peers. That is probably the reason why! Language can change your behavior. It’s interesting, isn’t it? * #イメージコンサルタント #イメージコンサルティング #maic #国際イメージコンサルタント #イメージコンサルタント養成 #国際イメージコンサルタント印象学者ako #上海 #立居振舞 #コミュニケーション #握手 #ボディランゲージ #マナー #プロトコール #imageconsultant #imageconsulting#mudesignasiaimageconsulting #asianbeauty #chinese #shanghai#china #shanghai #china #chinese #handshake #communication #bodylanguage

Ako (Sarah Magno)さん(@mudesignasia)がシェアした投稿 –

—–