日曜夜が憂鬱なOL生活から脱出せよ!

 

皆様、こんにちは。
国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

 

先日、こんな記事を書きました。

業界でも高い開業率を誇るMAICですが、

実は未経験からスタートする方が半数以上。

 

 

 

 

その記事の中でも書きましたが、

私もごくごく一般的なOLから起業しました。

 

ちなみにOL時代の私はといえば、

日々こんなことを感じていたんです。

 

 

日曜夜が憂鬱。

 

日曜日の終わりを告げるサザエさんが嫌い。笑

 

そして、月曜の朝はもっと嫌い。

 

 

 

 

仕事にやりがいがあるわけでもなければ、

労働条件や収入が良いわけでもなく、

一生続けるつもりは当然ない。

 

かといって、やりたいこともなければ、

目標があるわけでもない。

 

仕事は生活するためのものでしかなく、

毎日仕事に行くのも嫌々。

家を出る10分前まで寝てましたから。笑

 

そして5分で身支度し、

朝ごはんも食べずに家を飛び出す毎日。

 

暑い日は汗だくになりながら、

寒い日は白い息を吐きながら駅までダッシュ。

 

そして、超ラッシュアワーの中、

暑い日も寒い日も満員電車に揺られて通勤。

 

 

 

 

始業チャイムと同時に会社に滑り込んで、

ギリギリセーフでタイムカード打刻。

 

日中は誰でもできるような仕事を、

誰でもできるようなレベルでこなし、

終業のチャイムと同時に退社!

 

有給を取るのは当然の権利だというのに、

なぜかひたすら頭を下げながら、

必要最小限の休みしか取れないもどかしさ。

 

しかも休みを取ったら取ったで、

バカンス中の現実逃避からのギャップで、

戻るのが益々憂鬱になるというオマケつき!笑

 

 

 

 

特別な趣味があるわけでもなく、

仕事以外の時間は、

ただひたすら友人や同僚と飲んでました。笑

 

 

 

 

薄給で働く派遣OLだったので、

お給料日を気にしながら、お財布とも相談しながら。

 

そして平日だけでなく土日も含め、

毎日ただただ飲んで遊んで暮らしてました。笑

 

 

 

 

こう見たら、それなりに充実してそうに見えます。

実際に友人との時間は楽しかったです。

 

でもあの時は終業後だけが唯一楽しく、

9時~17時の自分の存在は見て見ぬふり。

そんな日々でした。

 

そういう時代を思い返してみると、

イメージコンサルタントとして起業した今、

ライフスタイルは全然違っています。

 

まず初めに「時間」の流れが変わりました。

イメージコンサルタントとして起業してからは、

必ずしも週5日9~17時で働く必要はありません。

 

自分で勤務日時を決められるって最高!

あらかじめ計画してアポイントさえ入れなければ、

1週間でも10日でも好きなだけ休みが取れます。

 

OL時代は行けなかった分、

あちこち旅行にも行きました。

 

 

 

 

もちろんお給料を払うのも自分自身なので、

休みを取れば収入は減る訳ですけど、

その分働けば良いだけですからね。

 

収入と言えば私の場合は派遣OLでしたから、

起業後「収入」も大幅にアップしました。

 

もちろん起業後すぐということではないですが、

努力の分だけ後から収入がついて来ていたという感じです。

 

OL時代のように、お財布の中身を気にして、

何かを選ぶということはもうなくなりました。

 

 

 

 

それから「人」の流れが変わりました。

OL時代には会うことがないような方、

TVで見ていたような方にも沢山お会いしました。

 

貴重な経験をさせて頂けるのも、

この仕事ならではかもしれません。

 

 

 

 

新しいご縁の幅も広がりました。

しかも不思議なくらい良い方ばかり。

受講生もお客様も素敵な方しか出会わないのです。

 

人間関係も辛かったOL時代は、

「女子会」と言う名の愚痴り合いの日々でした。笑

上司が嫌、先輩が嫌。毎日不満だらけ!

 

でも今となっては人間関係の悩みってなんだろう?

と思う程、嫌な人と接する機会もなくなりました。

 

それはきっとOL時代のように与えられた環境ではなく、
自分で生み出した環境の中で誰かに出会うので、
自然と波長が合う方ばかりに出会うからかもしれません。

 

 

 

 

あと何より違うのは、

朝の満員電車にはもう何年も乗って居ないこと!

これはも変わったことの一つ。

 

早朝からのコンサルティングは基本的にないので、

その時間に電車に乗る必要はないからです。

 

毎朝ギリギリ通勤していたあの頃が嘘のように、

ゆったりした朝を迎えられるようになりました。

 

この朝の心のゆとりも、

毎日の積み重ねで人生を変えると思います。

 

 

 

 

こんな様々な変化を経て、

ついに日曜夜が怖くなくなり、

サザエさんの存在も許せるようになりました。笑

 

でも、もしあのまま嫌々OLを続け、

平日9~17時の自分の存在を無視してたら?

 

それは人生の3分の1がない状態。

しかも残り3分の1は寝てるわけですからね。

 

かなりもったいないなと思うのです。

でも実はそういう人は私だけではなく、

世の中には沢山いるはず!

 

 

 

 

平日17時以降も辛いし、土日も辛いという人は、

実はあまり心配はないと思うんです。

自覚がある分、いつか抜け出せると思うので。

 

でも一番危ないのはOL時代の私みたいなタイプ。

仕事中は消化試合人生であっても、

それ以外は可もなく不可もなくという方。

 

 

全体的に見ると最悪じゃないから、

危機感さえない。

 

 

こういうタイプこそ、

一生サザエさんと戦う羽目になる気がします。笑

 

 

画像:フジテレビHPより

 

 

というわけで、

最悪じゃないけどベストな人生ではない。

と感じる方は要注意!

 

自分の人生を振り返る段階になった時、

あなたはここを見て自己評価するはずです。

 

 

土日と平日17時以降だけでなく

365日24時間トータルが自分の人生

 

 

人生の3分の1の時間を占める仕事。

働くために生きる?生きるために働く?

 

この違いから得たものは大きく、

やりがいある仕事と出会えたことは、

本当に幸せなことだと感じます。

 

消化試合人生から立ち直った身として、
多くの方に伝え続けて行きたい事実です。

 

方法は人それぞれで良いと思いますが、

私自身を大きく変えてくれたのは、

イメージコンサルタントとしての起業でした。

 

というわけで、

イメージコンサルタントにご興味をお持ちの方は、

是非、以下もご覧になってみて下さいね!

 

 

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座

12期生募集中!締切りは3月2日(金)
満席となり次第締め切りとさせて頂きます。

 

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

 

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

—–