学びへの出費は「浪費」ではなく「投資」でした

 皆様、こんにちは。国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。
開業した2008年以来、6年間アメブロをずっと使っていますが、
アメブロのアクセス解析を見ていると、読者の方が何を読みに来ているか良く分かりますね~。

実は、検索ワードで常に上位に出てくるのが「イメージコンサルタントの年収」です。笑
私が起業した時と比べると、イメージコンサルタント志望者も増えていますし、
それを使って独立したいという方が増えてきている証拠だと思います。

分かりますよ~。実は私も昔、スクール見学で平均年収について聞いたことがあります。
この職業ってなんか未知ですからね~、平均で良いから知りたいですよね。笑
以前イメージコンサルタントの収入について記事を書いたことがあります。

■イメージコンサルタントの平均年収
http://ameblo.jp/mu-design/entry-11424854626.html

■イメージコンサルタントになるメリット
http://ameblo.jp/mu-design/entry-11351999642.html

記事にも書いた通り、イメージコンサルタントの平均年収って本当にピンキリで、
これは個人差があるので、むしろ平均って想像がつかないんですよ~。

私が昔スクール説明会で先生に言われた答えも同じでした。
「個人差があります。」と言われて、いまいちピンとこなかった覚えがあります。
「平均で良いのに。」と思った記憶があります。笑

でも今なら、答えがこうなるのは当然だなぁとその意味が分かります。
というのも、本当に人によって差がありすぎるのです。
だから実際に平均は本当に分かりません。

美容院などのように、誰もが定期的に利用するような場所ではないですから、
元々ターゲット層は全人口ではなく、必要としている人だけに絞られます。
髪が伸びたら誰かが来てくれる美容院と違って、必要な人しか受けないのです。

だから最低月にいくら以上の収入は確実という読みはできないですし、
提供しているメニューも違えば1回のコンサルティング料金もそれぞれ違うので、
平均値の予測がつかないんですよ。

ただ、もし答えるとしたら、月収数万円の人もいれば月収100万円を超える人も居る。
私の周囲を見ていると、そんな感じの職業です。

あとは肩書きが「イメージコンサルタント」であっても、
実際はイメージコンサルティングの仕事はしていない場合もあったりするので、
そう考えると月収ゼロというケースだってあります。

何度もブログで書いていますが、イメージコンサルタントは医師の仕事と似ているのです。
きっと、自分が大きな手術を受けるとなった時を想像すると分かりやすいと思います。
手術だから、やっぱり結果を求めますよね。

実績や売りがない病院は、例え近くても安くても手術の時は選ばないでしょう。
最新の機械があったり、名医が居れば、例え遠くても選びますよね。
予約待ちをしてでも、どうせなら名医に担当してもらいたいと思いますよね。

イメージコンサルタントもそれに似ています。
活躍しているコンサルタント、生計を立てられるコンサルタントを見ていると、
やはりその人に依頼する理由があるからクライアントが絶えないのだと思います。

というわけで、起業をするからにはもちろん収入も気になるところだとは思いますが、
最初から儲けることを目標にするのではなくて、
まずは選ばれるコンサルタントになる為に力を付けることをオススメします。

ちなみに私は6年前に週末起業から初めました。
そして今では常に数ヶ月間予約待ちの状態になりました。

ここまでの道のりは決して楽ではなかったと思いますが、
種からいきなり花は咲かないでしょう。
花を咲かせる為に、根や茎や葉が必要というのは、やはり当然のことだと思います。

イメージコンサルタントを将来本業したいと考えている方は、
何よりこの仕事に興味があることが大前提だと思いますし、
根気よく時間をかけてでも形にしていきたいという思いが大事だと思います。

自分に投資した分は自分に戻って来ますし、結果は必ず後から着いてきますよ!
今からイメージコンサルタントを目指す方は、良かったら以下も参考になさって下さいね。

■私の資格取得の軌跡
http://ameblo.jp/mu-design/entry-11819969090.html

5月25日(日)六本木ヒルズにて1DAYセミナー開催!アップ
米国発の東洋哲学 “Fashion Feng Shui®(ファッション風水)” を使って「自分の魅力」発見!

■イメージコンサルタント養成講座

—–