イメージコンサルティングの歴史

イメージコンサルティングが注目されるようになったきっかけは、
1960年代アメリカ、J・F・ケネディとニクソンの大統領選。

上の映像はJFK Library公開の
当時の実際のテレビ討論の貴重な様子です。

現職副大統領で政治家としての経験も長く、
優勢とされていたニクソンは、
病み上がりで選挙戦の疲れの残る中で
テレビ討論に臨んだと言われています。

それでも、ラジオだけで討論を聞いていた人たちは、
ニクソン勝利を予測していました。
そんな中、若く劣勢とされていたケネディが勝利します。

ケネディは徹底的なイメージ戦略を練って、
テレビ討論に臨んでいたのです。

カメラ映りを意識した服装、TV撮影用メイクアップ、
表情やジェスチャーに至るまで若さを逆手に取り
「強いリーダーシップ」というイメージを戦略的に作り上げました。

一方で、ニクソンは「討論の内容こそが大事である。」
という経験から来る自信から、TV撮影用のメイクアップを拒否、
直前に怪我をしていて顔色が悪かった上、
選挙戦の疲れから頼りない疲れた印象に映ったと言われています。

この実際の映像を見ても、
二人の服装によるTV映りの差は明らかに大きく、
濃い色のスーツを着たケネディは若々しく力強く見え、
淡い色のスーツを着たニクソンは力強さがなく見えます。

ジェスチャーの使い方、立ち方や座り方まで
全てを意識しているケネディ。

一方で背中を丸めて椅子に座り、
怪我した足をかばうように寄りかかって演説台に立ち、
その痛さをこらえるように眉間にシワを寄せるニクソンの姿からは、
益々疲れ切った印象を受けます。

一方で目をつぶり「声」だけを聞くと、
二人の印象はまた違って聞こえるのです。

テレビが一般に普及して初めての大統領選
と言われるこの選挙戦で、
ケネディを勝利に導くイメージ戦略をサポートしていたのが、
印象のプロフェッショナルであるイメージコンサルタントでした。

これをきっかけに、
イメージコンサルタントの仕事が注目されるようになり、
映画”The Kid”の中でブルース・ウィリスが
イメージコンサルタント役を演じるなど
アメリカではイメージコンサルタントの存在は
一般的にも広く知られています。

日本には1980年頃から
パーソナルカラー診断を中心としたサービスが導入され、
2000年代後半には
イメージコンサルタントという言葉が知られるようになりました。

そして「個性」の時代と言われる現在、
政治家やエグゼクティブ、セレブリティのみならず、
「自分磨き」の一つの手段として、
個人のお客様にも広く利用されるほど、
その認知度はさらに高まりつつあります。

ご興味をお持ちの方は、
宜しければ以下もご覧下さいませ。

エミュ・デザインHP

MAIC国際イメージコンサルタント養成講座HP

—–