あなたに合ったイメージコンサルタント養成スクールの選び方

 

皆様、こんにちは。

国際イメージコンサルタント・印象学者のakoです。

(はじめての方へ、akoプロフィールはこちら)

 

来月よりMAICイメージコンサルタント養成講座

11期生の講座が開催されます。

残席1となりましたベル

 

先日、養成スクールを選ぶ際のポイントについて、

島田亜由美さんが記事を書いてました。

 

記事の中にもある通り、

スキルの高さやサービス価値ってすごく大事。

 

亜由美さんは他校を途中退学して、

MAICに入学されている方なので、

なおさらスキルの重要性を感じていらっしゃいます。

 

ちなみに、私も数々のスクールを卒業してますが、、
私がスクール選びの際にチェックするのは、
こんなことです。

 

 

 

 

1.カリキュラムについて

 

どれくらい時間をかけて何が習得できるのか、

そのカリキュラムに無理がないかどうか確認します。

というのが、実は一度私も失敗している為。笑

 

A. 短期間で安く学べるスクール

B. 費用もかかる分確実に学べるスクール

 

本命はBだったのですが、

日本に滞在している期間に合わせて受講した為、

時間の関係でAを選んでしまいました。

 

その結果、Aのスクールを出た時点では、

何もできるようになりませんでした。

Aについてはプロフィールにも載せていません。笑

 

ちなみにAはBの半額の受講料でしたが、

結局、私は一年後にBで学び直したので、

最終的には時間もかかり費用も1.5倍かかりました。

 

学びは浪費ではなく「投資」です。

もちろん高いからといって保証付きではないですが、

安い早いには、安く早く売りたい理由がある。笑

 

高くても売れているものには、

高くても売れる理由がある。

 

価格や時間の単純比較ではなく、

何が得られるのかを一番に考えなくてはいけない。

 

私自身、身をもって痛感したケースでした。

というわけで、最大のポイントはカリキュラムの価値!

学びに無理がないかどうか確認するのがオススメ。

 

 

 

 

2.講師のバックグラウンドについて

 

カリキュラムを見た後に私が見るのは、

講師の方のバックグラウンドです。

 

ある取材を受けた時に、

記者の方がこんなことをおっしゃっていました。

 

「知識の深さは、質問の返しで分かる。」

 

取材の場合は事前にお題を頂くので、

回答は事前に準備しておくことができます。

 

一方で、会話の中で生まれる質問というのは、

当日、その場で考えて答えるもの。

完全にアドリブの世界です。

 

質問のプロは、その返しを聞けば、

話していた知識が経験から得たものだったのか、

どこかで読み聞きしただけの机上の知識だったのか、

経験の深さがすぐに分かってしまうのだそう。

 

もちろん、想定していた質問以上に、

様々な深い答えが得られた方が、

記者さんとしてはありがたいわけですからね。

 

 

 

 

講師についても同じだと思うのです。

スクールのHPなどに書いてあるカリキュラム。

これは事前に準備をしているものですから、

教えられて当たり前のこと。

 

カリキュラムやテキストにない質問をした時に、

どれだけ経験を踏まえて答えてもらえるか、

それこそがその講師を選ぶ価値だと思うのです。

 

今の時代、インターネットでも答えは見つかります。

正答な答えなら、別にネットでも良い訳です。

 

受講生からすると、

ネットには納得できる答えがないからこそ、

その答えを求めて講師に質問しています。

 

記者の方も言っていた通り、

本物の答えを知っているのは経験者だけ。

 

経験から得た結論というのは、

本来はその人の財産ですし、

独占していても良いようなもの。

 

時間をかけ苦労して積み上げた財産を、

共有してもらえるからこそ、

その講師から学ぶ意味があるのだと思います。

 

講師が何年その仕事をしているか、

更に今も現役で仕事をしているかどうか。

 

この2つはすごく大事なポイントだと思います。

こう例えると意味が分かりやすいです。

 

講師業に専念する

「元医師」に学ぶ10年前の医療

 

講師としても活躍する

「現役医師」から学ぶ最新医療

 

時代は流れていくもの。

生の情報を得られるという意味でも、

その業界に長く居るのはもちろんのこと、

現役でいらっしゃるかどうかも確認するようにしています。

 

 

 

 

3.講師や卒業生にロールモデルが居るかどうか

 

私自身、様々な学びを通して、

数多くのスクールを経験してます。

 

そこで思うのは、どのスクールを出ても、

ここのスクールさえ出れば保証付き!

みたいなことはあり得ません。

 

というのも、私自身の同期を見ていても、

皆が同じことをしているわけではないからです。

 

ありがたいことに私は現役でお仕事をしていますが、

中には既に廃業した同期も居ますし、

今でも先生のアシスタントについたまま、

起業は怖くてできないという同期も居ます。

 

それは、どのスクールでも言えることでした。

だから最終的には自分次第かなと思います。

 

ただ一つ言えるのは、

努力をすれば実を結ぶところまで導いてくれる、

そんなスクールを選ぶのは絶対に大事。

 

私自身のスクールAでの失敗談のように、

努力ではどうにもならない場合もあります。笑

だからカリキュラムや講師を見極める必要があります。

 

その上で「こんな風に自分もなりたい。」

そんな風に思える卒業生が居るスクールなら、

少なくとも結果が出ている証拠。

 

国家資格の弁護士さんや歯科医師さんなんかでも、

資格を取ってから経営が大変という時代ですから、

そこに辿り着けるかどうかは自分次第とはいえ、

卒業生にロールモデルが居るというのも一つのポイント。

 

自分の理想のスタイルで活躍している人が居るかどうか、

そんなことをチェック項目にするのもオススメですよ。

 

その他、講座についてご質問などがある場合には、

スカイプもしくは電話での個別相談も承ってます。

 

ご質問などありましたら、

どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせフォーム

 

 

MAICイメージコンサルタント養成講座

11期生募集要項 【 残席1】ベル

 

締切りは8月8日(火)となりますが、

定員となり次第締め切らせて頂きます。

予めご了承下さいますようお願い致します。

 

 

【ライター紹介】

Mu:Design Asia Image Consulting (MAIC) 代表

国際イメージコンサルタント・印象学者ako

公式プロフィール

 

 

 

 

 

お問い合わせ・取材のお申込みは以下へお願い致します。
mu.design.asia.sec@gmail.com
Mu:Design Asia Image Consulting事務局
お問い合わせフォーム

—–